【W-1】「しっかりと実績を作って、CIMA選手との闘いに漕ぎ着けたい」名前を取り戻す闘いにいざ出陣!『CRUISER FES 2019』出場者インタビュー⑥:トンドコロ隼選手

対#STRONGHEARTSの最前線に立ち続けるトンドコロ隼。

CIMAに敗れ、名前を変えられたことが発奮材料になっているのか、初出場の『CRUISER FES』にも並々ならぬ意気込みで臨む。

頓所隼に戻るための闘いへ。『CRUISER FES』からその第一歩を踏み出す!

 

──トンドコロ選手は今回の『CRUISER FES』が初出場なんですよね。

 

トンドコロ そうです。やっと出られるんだとワクワクしています。

 

──昨年の夏から対#STRONGHEARTSの最前線に立ったことで勢いや存在感が増したなという印象を受けるんですが、ご本人的にはどうですか?

 

トンドコロ 自分ではわからないです(笑)。#STRONGHEARTSが来てから僕が絡むことが多かったんですけど、いい経験をさせてもらっていますね。やっぱり僕はW-1のクルーザー戦線で闘っていかなきゃいけないんで、今後もこの経験を活かしていきたいです。

 

──対抗戦で揉まれている中で、自分でも力がついてきたなとか、成長してきたなと感じることはありますか?

 

トンドコロ まあ、やられちゃっている場面も多いんで、成長しているかどうかはわからないんですけど、それも経験かなと思っているんで。ただやられるだけじゃなくて、いつか大きく成長していくための糧と考えてプラスに捉えていますね。

 

──その中でリングネームを頓所隼からトンドコロ隼にCIMA選手によって変えられるという出来事もありました。屈辱的な出来事だったとは思いますが、一方で声援も増えているなと感じるんですけど、いかがですか?

 

トンドコロ 確かに前よりもお客さんに名前を覚えてもらえている、あるいは声援をいただいていると感じることはありますけど、納得はしてないです。僕の本当の名前は頓所隼だし、元に戻したいという気持ちは強いです。

 

──ちなみにリングネームを戻す手立てというのは何か考えているんですか?

 

トンドコロ さしあたって、名前を変えたのはCIMA選手ですから、やっぱりCIMA選手に勝つしかないのかなと思っていますね。打倒・CIMAという思いは名前を変えられてから、より一層強くなっています。

 

──バックステージのコメントでも「CIMAは俺がぶっ潰す!」と毎回繰り返して言ってますもんね。

 

トンドコロ だから、しっかりと実績を作って、CIMA選手との闘いに漕ぎ着けたいです。やはり超大物なので、前回のようにシングルで闘う機会なんてないとなかなかないと思うんで。でも、この『CRUISER FES』で優勝して結果を残せば闘えるチャンスを作れると思っているんですよ。そういう部分でも今回の『CRUISER FES』にはめちゃくちゃ気合いが入っていますね。

 

──なるほど。1回戦は2.16足利大会でアレハンドロ選手と闘うことになりました。前回覇者との対戦に関してはどのように思われていますか?

トンドコロ メキシコ出身というか、メキシコから来た選手なんですよね? めちゃくちゃ凄い動きをするし、空中殺法も凄いですよね。僕はルチャとかできないので非常に警戒していますね。

 

──でも、シングルでは2回勝ったことがあるんですよね。

 

トンドコロ そうなんですけど、『CRUISER FES』の前回の優勝者ですし、アレハンドロ選手も気合いが入っていると思うんですよ。もちろん全選手気合いが入っていると思うので、気は抜いていられないです。ただ、クルーザーの実力者であるアレハンドロ選手に勝てば優勝も見えてくるんじゃないかなと思っていますね。

 

──ちなみに決勝戦で当たりたい相手はいますか?

 

トンドコロ います! それは#STRONGHEARTSのエル・リンダマンですね。#STRONGHEARTSには今までさんざんやられてきたんですけど、まだ思うようにやり返せてないんですよ。もし決勝戦という大きな舞台でリンダマンに勝つことができれば、今までの借りを少しでも返せると思うので、リンダマンとやりたいです。

 

──#STRONGHEARTSには吉岡選手もいますけど、標的はリンダマン選手なんですね。

 

トンドコロ 今はリンダマンですね。まあ、吉岡さんがスパイだったことに関しては正直呆れています。なんで行ってしまったんだって……。

 

──それこそ裏切られた当事者ですもんね。

 

トンドコロ ただ、まずはリンダマンですね。リンダマンを倒してから、吉岡さんを倒しに行きます。

 

──わかりました。やはり対#STRONGHEARTSがトンドコロ選手の今一番燃えるモチベーションですか?

 

トンドコロ そうですね。これ以上、#STRONGHEARTSにW-1を荒らされたくないし、自分もボコボコにされているんでね。これほど燃える燃料はありませんよ。『CRUISER FES』の1回戦をやる前に2月13日の後楽園大会ではまた#STRONGHEARTSとのイリミネーションマッチに出させてもらいますけど、ここでも勝って『CRUISER FES』に勢いをつけたいです。僕は去年の夏からW-1の所属選手にしてもらったんですけど、W-1への愛があるんでね。ACEの時もちょくちょく出してもらっていたし、その時も感謝していたし、愛はあったんですけど、正式な所属選手になったことで愛は膨らむばかりですね。

 

──やはり自分が所属する団体を守らなければいけないという責任感も増しましたか?

 

トンドコロ もちろんですね。外から入ってきた人間に愛する団体のリングで好き勝手されたくないですから。

 

──現クルーザー王者である児玉選手についてはどのように思われていますか?

 

トンドコロ 凄い選手ですけど、僕は『CRUISER FES』をクルーザー王者への挑戦者決定トーナメントにはしたくないんですよ。『CRUISER FES』は『CRUISER FES』で僕がしっかりと盛り上げます。そして、『CRUISER FES』優勝者として、児玉選手の前に立ちたいですね。

 

──王者vs覇者という対等な立場でということですね。

 

トンドコロ はい。『CRUISER FES』で優勝して、クルーザーのベルトを取って、そして名前を取り返しに行きます!

 

 

ー大会詳細ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2019 W-IMPACT」2.16栃木・足利市民プラザ小ホール大会

 

【日時】

2019年2月16日(土)17時30分開始/17時開場

 

【場所】

栃木・足利市民プラザ小ホール

 

【対戦カード】

▼「WRESTLE-1 CRUISER FES 2019」トーナメント1回戦④30分1本勝負

アレハンドロ vs トンドコロ隼

 

▼「WRESTLE-1 CRUISER FES 2019」トーナメント1回戦③30分1本勝負

エル・イホ・デル・パンテーラ vs MAZADA

 

▼6人タッグマッチ30分1本勝負

河野真幸&征矢学&稲葉大樹 vs 芦野祥太郎&児玉裕輔&羆嵐

 

▼6人タッグマッチ30分1本勝負

カズ・ハヤシ&ペガソ・イルミナル&KAMIKAZE vs 近藤修司&アンディ・ウー&佐藤嗣崇

 

▼タッグマッチ30分1本勝負

黒潮“イケメン”二郎&立花誠吾 vs 吉岡世起(#STRONGHEARTS)&進祐哉(FREEDOMS)

 

▼シングルマッチ30分1本勝負

タナカ岩石 vs 本田竜輝

マスクドTODAY

プロレスをこよなく愛する記者兼カメラマン!
今日もプロレスを楽しみましょう~(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事