【WWE】ホンキー・ トンク・マンが2019年のWWE殿堂入り

現地時間226日、ノースカロライナ州シャーロットのスペクトラム・センターでスマックダウンが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ホンキー・ トンク・マンが2019年のWWE殿堂入り

WWEは米国時間226日のスマックダウンにてホンキー・ トンク・マンの2019年度WWE殿堂入りを発表した。

2019年度の殿堂者としてはD-ジェネレーションXに続いて第2号となる。

ホンキー・ トンク・マンは1986年にWWEと契約し、マネージャーのジミー・ハートと共にその独特なキャラクターとマイクパフォーマンスでヒールとして活躍。

19876月にはリッキー・スティムボートを撃破してICヘビー級王座を獲得するとハルク・ホーガンやブルーノ・サンマルチノらとしのぎを削り、19888月まで64週間に渡り王座を保持した。

殿堂入りセレモニー「WWEホール・オブ・フェーム2019」は、米国現地時間46にニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われ、その模様は日本時間47日にWWEネットワークで生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事