【アイスリボン】佐藤肇社長がリングに上がりTeam DATE退団を発表

「アイスリボン945」
2019年3月2日(土) アイスリボン道場
18時00分試合開始/17時30分開場
観衆:100人(満員)

【オープニング】

前説の前、佐藤肇社長がリングに上がり、SNSで流れたTeam DATEの件でアイスリボンとしての見解を述べた。

昨年11月17日のアイスリボン921に華蓮が参戦して以降は、アイスのリングに上がっていないTeam DATE。

佐藤社長は「昨日、退団をしたいという電話をいただきました。私どもとしましてはそれを受け入れる形の中でどのようなタイミングで退団するのか、リリースするのか、そういったものを話し合いましょうという形で電話を切りましたところ、Team DATE側のツイートが先に出てしまいまして、アイスリボンの対応が後手に回ったような形になってしまったことで、皆様に混乱とご迷惑をお掛けしてしまいましたことをここにお詫び申し上げます。Team DATEは4選手、選手個人との契約ではなくて、Team DATEというプロダクションとの契約になっておりまして、スケジュールに関してのマネジメントはすべてTeam DATE側で行っている状態でした。私どもも参戦しない理由とか、そういったものに関して明確な表示ができない状態が続いている中での欠場だったので、3月の後楽園ホールに向けての参戦を確認していたところでした。ほとんどの選手が退団しましたというTeam DATEのツイートで退団を知るという事態が起きてしまい、迅速な対応が出来ず、ファンの皆様の不信感も多々あったかと思います。Team DATEとしても欠場が続いているので、ご迷惑をお掛けするよりも一端、退団という形で充電期間を置きたいという話がありまして、それを受理する話し合いの中、日付はさかのぼりますが2月末をもって、契約解消、退団という形になりました。私どもとしましてはファンの皆様の前で各選手が退団の挨拶ができるように、現在Team DATEと話を進めております。いつになるかはわかりませんが、華蓮 DATEの入試も終わったかと思うので、4姉妹揃って挨拶が出来ればと思っております。Team DATE側からは今後も末永くよろしくお願いしますというような挨拶もいただいていますので、これで終わりというわけではなくて、一端、退団という形をとっての充電期間という認識で私どももおりますので、皆様の前に出るときには温かく見守っていただければと思っております。」と語った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事