【WWE】アスカ、PPV「ファストレーン」を前にマンディ襲撃で因縁激化

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間3月5日、ペンシルベニア州ウィルクスバリのモーガン・サン・アリーナでスマックダウンが開催された。

PPV「ファストレーン」でアスカと対戦するマンディ・ローズ(withソーニャ・デビル)がアスカの盟友ナオミとシングル戦で対戦した。

マンディはナオミのジャンピングキックから平手打ちを食らうも、強烈なヒザで反撃すると最後はバッド・オブ・ローゼスを決めて快勝した。

勝利に浮かれてデビルと共にバックステージに戻るマンディだったが、そこに待ち受けていたのは“明日の女帝”アスカ。背後から2人を襲撃したアスカはハイキックでデビルを蹴散らすと、立て続けにマンディにエルボー連打。さらに「なんだこの野郎」と叫びながら2人をタイタントロンに叩き付けた。

スマックダウン女子王者アスカとマンディが激突するPPV「ファストレーン」は日本時間3月11日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事