田中稔がデビュー25周年記念大会vol.2にて「ライガーさんと後楽園で組みたい」

田中稔は8日、自身のTwitterにて昨日、来年1月の東京ドーム大会での引退を発表した獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)とタッグを組みたい意向をツイートした。

内容は『先日の会見で話した「25周年Vol.2を秋に後楽園でやる上で交渉したい団体・選手」はライガーさんで、ライガーさんと組ませていただいていまだにファンの人に言われる結局実現出来ずだった17年前のあの出来事の決着をあの日と同じ後楽園で、プランなのだ。なんとか実現させたいなぁマジで』というもの。

先日行われた、自身がプロデュースするデビュー25周年記念大会『the special one vol.1』の会見の際に、秋に後楽園ホールにてvol.2の開催を示唆していた。

ただ、イメージしている選手たちのスケジュールなどもあり、具体的な日程については決っていないと語っていたが、ライガー参戦を実現させたい心境が明らかになった。

田中稔は2002年5.2東京ドーム大会(新日本プロレス)にて獣神サンダー・ライガーと組み、邪道・外道組を下しIWGPジュニアタッグ王座を獲得している。

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事