【仙女】橋本千紘がワールドシングルチャンピオンシップを防衛!里村明衣子から勝利のSareeeが次期挑戦を表明!

16日、センダイガールズプロレスリングは東京・後楽園ホールにて春のビッグマッチを開催した。

メインイベントにてセンダイガールズワールドシングルチャンピオンシップが行われ、王者の橋本千紘がアメリカのジョーダン・グレースと対戦。

橋本はグレースのパワーに押される場面もあったが、最後はオブライトが炸裂し防衛に成功した。

そして試合後のマイク中に、この日の第5試合で里村から勝利したSareeeが次期挑戦を表明した。

しかし、橋本は「自分とこ(ディアナ)のベルトを取ったらやりましょう」と12日にアジャコングの持つディアナのベルトの獲得を条件に了承した。

メインイベント
センダイガールズワールドチャンピオンシップ
シングルマッチ30分一本勝負
〇橋本千紘(13:41 オブライト)×ジョーダン・グレース
※橋本千紘が5度目の防衛に成功。






メインイベント
センダイガールズワールドチャンピオンシップ
シングルマッチ30分一本勝負
〇橋本千紘(13:41 オブライト)×ジョーダン・グレース
※橋本千紘が5度目の防衛に成功。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事