【ドラディション】アントニオ猪木vs藤波辰爾のトークライブに坂口征二さんがサプライズ登場!

26日、DRADITION は東京・後楽園ホールにて『NEVER ENDING DREAM TOUR in TOKYO』を開催した。

この日のメインイベントで平成最後の金曜8時 DRADITION 闘魂 LIVEと称して、“燃える闘魂”アントニオ猪木氏と‟炎の飛龍”藤波辰爾が1988年8月8日横浜文化体育館(新日本プロレス)で行われたIWGPヘビー級選手権(王者・藤波辰爾)、伝説の60分時間切れ引き分け試合を中心にトークバトルが行われた。

リングのロープが取り外され、猪木氏が呼び込まれると観衆より猪木コールが巻き起こった。

登場の際に、握手を求めた藤波にいきなり闘魂注入ビンタを見舞い、藤波がフラつくという登場から会場を沸かせた。

トークは藤波若手時代のアフリカ置き去り事件や飛龍革命なども語られたが、8月8日の試合について藤波は文体はクーラーが無いのでリング上が凄い暑かった、汗をいっぱいかいたし大変だったのに、猪木さんはそんな中で60分も戦ったのは凄かったと語ると「俺は汗かかなかったな(笑)」と語ると会場に笑いがおきた。

終盤には新日本プロレスの坂口征二相談役をサプライズで呼び込むと、猪木・坂口・藤波の豪華3ショットが見られ詰めかけたファンを魅了。そして新日本プロレス旗揚げメンバーの北沢幹之氏も呼び込まれると、出場選手もリング上に上がり、猪木氏の1・2・3、ダー!で締めくくられた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事