【今日子のプロレス今日この頃】⑥「抱きしめてあげたい」❹鈴木秀樹(その2)

飲み過ぎてしまった女性を介抱してくれた事もあります。

 

宴会の帰り道、路上で気分が悪くなってしまった女性。

 

知らん顔してそそくさと帰る人もいる中、鈴木さんは、電柱にもたれかかる彼女の前に立って、通行人の好奇の視線から、遮断してくれたのです。

 

関わりたくないという気持ちを持っても仕方ない状況の中、鈴木さんは嫌な顔ひとつせず、彼女の吐き気が治まるまで、盾になってくれました。

 

こういう対応、まさに「大人の男」ですよ。

 

その後、彼女が鈴木さんの大ファンになったのは言うまでもありません。

 

注意する事があっても、エスプリを効かせて言ってくれます。

 

「ダメ」 「やめた方がいい」という言い方ではなく「怪我したところが痛いからって酒飲んでばっかりじゃ、レスラーですよ!」と、私の飲み過ぎをやんわりたしなめてくれたり。

 

とにかく、すべてが大人なんです。

 

実は鈴木さんは、生まれつき右目が見えないそうです。

 

小学校の時は、野球をしていたそうですが、ボールが見えないので断念したと言います。

 

だから今は、野球ではなくサッカーが好きなのかな、なんて勝手に想像しています。

 

しかし全く、苦にしていないのです。

 

「みんな何かあるでしょ。大なり小なり。みんな五体満足じゃないんで」と意に介さない。

 

達観していると言うか。

 

でも、最初から悟った訳では決してないと思います。

 

ここまで来るのに、特に幼少期には「悲しい思いや辛い思いもたくさんして来た」と思うのです。

 

なのに、そういう事は一切口にしません。

 

あれだけ明るく言えるというのは、本当にすごい事。

 

彼の心の強さは、本物です。

 

ひねくれた風を装っていますが、本当は純粋で心根の優しい人。

 

照れ隠しで、ふてぶてしい言動をしているのかも知れません。

 

「抱きしめてあげたい」と思いました。

 

実は、私も怪我が長引いて、もうこれ以上の回復は見込めないそうで

 

後遺症が残ってしまったようです。

 

痛いし、辛いし、悲しいし、落ち込む事も多いです。

 

でも鈴木さんの「誰でも何か、少しぐらいあるでしょ」という言葉で、泣いても治らないのだから、現状を受け容れて「折り合いをつけて暮らして行くしかない」と思えるようになりました。

 

少し救われたような気がします。

 

師匠の故・ビルロビンソンさんも右目が見えなかったと言います。

 

不思議な縁で、導かれた師匠と弟子。きっと絆は固かった事でしょう。

 

大技の連発が多い、最近のプロレス。

 

もちろん、すごいし、素晴らしいと思います。

 

ですが、一撃必殺の技の魅力は何とも捨てがたいです。

 

人間風車。これからも、この技を大切にしていただきたいです。

 

そしてそろそろ、大日本のタイトル戦線にも絡んで来るのではないかと

 

ファンの期待は高まっています。

 

大人のプロレス、本物のプロレスを魅せて下さい。

 

(この項終わり)

 

%e7%a7%80%e6%a8%b9%ef%bc%92

 

「抱きしめ」は未遂です。

うっかり抱きしめたら、関節を取られそうなので・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事