【W-1】才木玲佳が井上貴子の牙城に迫るもバックブロー2連発に散る!(6.2東京・後楽園ホール)

「WRESTLE-1 TOUR 2019 OUTBREAK」6.2東京・後楽園ホール大会
開催日:2019年6月2日
時間:11時30分開始/10時50分開場
場所:東京・後楽園ホール

▼第3試合 シングルマッチ30分1本勝負
才木玲佳 ✖
VS
井上貴子 〇

(8分44秒 バックブロー→片エビ固め)

 まずは才木がローキックで先制。しかし、いたがる素振りを見せない貴子に手を差し出し手四つの攻防を挑む。リング中央でガッチリ組み合った両者。才木が押し込み、ヘッドロックへ。ならばと貴子がロープに振るが、才木がショルダータックルでふっ飛ばしてみせる。

続けて才木はローキックを連打。これに一度はダウンした貴子だが、怒りのガットショットからDDT。ストンピング、さらに顔面に蹴りをぶち込みコーナーで踏みつけ攻撃だ。そしてダブルアームスープレックスを決めた貴子。客席に向けて才木をロープで張りつけにするとミドルキックを連発だ。

さらにビッグブーツで追撃し、レッグロックを極める貴子。レフェリーのブラインドを突いて、爪を足に突き立て、続けてSTFだ。劣勢を強いられていた才木だったが、貴子の攻撃をかいくぐってラリアットで反撃だ。

しかし、貴子の打撃を食らい、ドロップキックもスカされてしまう。それでもエルボーを連打して追い込み、ドロップキックも炸裂させると続けてバックドロップだ。そしてアルゼンチンバックブリーカーの体勢に入った才木。

極めきれなかったもののすぐさま追走式のラリアットで反撃する。貴子もビッグブーツで反撃しコーナーへ。駆け上がってきた才木を落とすと、バックブローを発射だ。だが、これを避けた才木はアルゼンチンバックブリーカー。ギブアップは奪えなかったものの、ミサイルキックで追撃だ。

そしてもう一度コーナーに上がった才木。だが、立ち上がってきた貴子はコーナーに追いかけ、雪崩式のアームドラッグ。続けてドラゴンスープレックスだ。それでも才木が立ち上がってくるとバックブローを2連発。これには才木も返すことができず、3カウントを聞いた。

◆才木玲佳コメント
才木 元祖アイドルレスラーの井上貴子選手。アイドルレスラーと呼ばれるからこそ、筋肉アイドルとしてではなく、プロレスラーとして勝ちたかったんですけど、ダメでしたね、今日も。ここ2戦の相手より体格もそんなに大きくないのかなと侮っていた自分がいて。でも実際に対峙していると、結構大きく感じました。アルゼンチンで担げたけど仕留めきれず。まだまだ課題の残る試合だったと思います。

──課題は見つかりましたか?

才木 過去2戦闘って、自分のパワーはまだまだ足りないなと思ったので、パワー以外で闘うことも考えたんですよ。でも、才木玲佳って真っ直ぐな奴だと思うんですよ、私。自分の信念を過去2戦くらいで曲げいいのかって。3戦目は1週回って才木玲佳でいこうと思って今日臨んだんですよ。それでもまだでしたね。だからどうやって強くなるのか? 強い才木玲佳にたどり着くのかを課題にしていかなきゃいけないなと思いました。でも、試合終わったあとに井上貴子さんに「キミいいよ。凄くいい選手だ」と。だから私は「絶対にあなたを倒してやります」と。そうしたら「早いうちに」と言ってくださったので。また一個目標が見つかりました。がんばります。

◆井上貴子コメント
「はじめましてで試合会場でも一緒になったことがなかったので試合を見たことがなかったんですけど、YouTubeに上がっている動画を見て、研究というか、どんな生き方というか生き様を確認して臨んだんですけど、技はどういうのをやってくるのかっていうのは、私もキャリアが長いので何が来ても大丈夫というのはあるんですけど、人となりというか、昭和と平成のレスラーがいる中で、ジェンレーションギャップがあるんですが、どういう選手かというのを見て臨みました。あの娘は凄いハングリーで強くなりたいとか、巧くなりたいとか向上心に対してもいつもお腹が空いている状態で、そういう娘がなかなかいないので、つらいこと言われたら他のところに行こうとかいう娘がいる中で、彼女は凄いハングリーで昭和っぽいところがあったりして、そういうところが試合で彼女の技を受け止めようと、攻防をしてお客様を楽しませようと思える選手でした。かなりいいと思います」

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事