【ZERO1】「火祭り2019」記者会見 各選手が意気込みを語る 火野「気になる人は朱崇花さんになりました」SUGI「グランドスラム達成したい」竹田「火祭り刀をデスマッチアイテムにしたい」

6/11(火)川崎ZERO1道場にて「火祭り2019」の記者会見が行われた。
出席を拒否した将軍岡本選手、クリス・ヴァイス選手を除く12選手が出席。

初めに前回覇者宮本裕向選手より、三又GMに火祭り刀が返還された。

その後に、ブロック毎に各選手が意気込みを述べた。

『第19回 真夏の祭典・火祭り2019』
各選手コメントは下記の通り

Aブロック

田中「いつも絶好調でリングに上がってるけど、夏になれば更に絶好調に。去年は決勝にも行けなかったので、今年は優勝し、また火祭り刀をGetします。
火祭りメンバーみてもREVENGERSのメンバーがこっちに三人、向こうに二人、こっちで言うとその火野、アスカとの対戦が楽しみで、決勝では菅原、ヤスとの対戦がREVENGERSの理想かな。」

火野「火祭り2回目になるんですけど、前回はフリーとしての参戦今年はねZERO1に所属しての参戦。これね前回と気持ちを入れ替えていかないと。火祭りは夏にやるじゃないですか、前回は夏に遊び過ぎたから優勝できなかった。今回は遊びをちょっと控えて、ちょっとだけね、なんとか優勝目指して頑張りたいと思います。いや、絶対優勝します。優勝しなきゃダメです。ZERO1を引っ張ります。
(朱崇花に気になる人を言うように言われ)
今気になる人も言うんですか?ありがとうございます。セクシーな声で、今の感じで気になる人は朱崇花さんになりました。
(田中に決勝で当たりたい人も、と言われ)
決勝で、リベンジャーズっていいチームですね。決勝でね、田中さんはリベンジャーズでって言ってましたけど、自分と菅原で決勝やると、リング上で飲み会が始まってしまいそうなんでね。前回の火祭りで佐藤耕平に負けてるんですよね。同じブロックでないんで、当たるとしたら決勝なんで今回の火祭りは佐藤耕平と当たって勝ちたいです。」

朱崇花「今回、女子レスラー史上初火祭り出場。錚々たる女子レスラーメンバーの候補の中から私が選ばれたこと非常に名誉な事だと思います。出場するからには優勝目指すのは当たり前ですがそれ以上に対戦する皆さん、ファンの皆さんに朱崇花の”存在感”を感じて頂けたらと思います。」

青木「大日本プロレスの青木優也です。前回の天下一Jr.に続き今回の火祭りにも参戦させていただき本当にゼロワンさんには感謝しています。自分の火祭りは全戦完全燃焼!1ミリも自分の体力を余すことなく熱いプロレスをしていきたいと思ってます!同ブロックで気になる選手は全員です!決勝で当たりたい選手は岩崎永遠選手です。大日本とゼロワンの合同興行をしていく中で岩崎選手と当たる機会が多く、そう言った中で若い力が台頭に立つところを見せていきたいです。」

スーパー・タイガー「3度目の正直!今年こそは!!同じブロックでは、宿敵 クリス・ヴァイスとの決着を!!決勝では、初出場ではあるが、別団体でもタイトルマッチが決まっている竹田を先に仕留めておきたい!!」

SUGI「昨年天下一Jr、風林火山を優勝し今年の火祭りをなんども優勝している田中将斗を倒し決勝でタッグパートナーである佐藤耕平を倒し優勝してグランドスラムを達成したいと思います。」

Bブロック

宮本「去年、火祭り覇者になり、火祭り刀を全国で掲げてきました。ちょうど一年前のこの会見では、全く注目されておらず、ダークホースでしたが、今年は、去年の覇者として注目選手として、2連覇狙って最も熱い男になりたいと思います。一番肝になるのは、去年決勝で闘った耕平さんだと思います。決勝で闘いたいのは、SUGIです。」

佐藤「火祭り全てに出てるんですけど、優勝は2回。決勝にはいくんですけど、毎回そこでこけてしまうのでそろそろ優勝をしないと思ってます。自分のグループに関して、すごい曲者が揃ったなと、後勢いのある若いのといるんで、気を抜かないように頑張りたいと思います。向こうでは、最近酷い目にあわされてる火野以外でお願いします。」

竹田「火祭り初参戦の竹田です。今回三年前ぐらいの天下一ジュニア以来の参戦になります。デスマッチのイメージが強いですが元々U-FILE CAMPと言う格闘技団体にいたので格闘技の技術も見せて何でも出来るってのを見せたいと思います。優勝したら火祭り刀って刃物が手に入るので刃物持たせたらこの中では一番似合うと自負してるので手に入れてデスマッチの新アイテムとして持ち込みたいです。普段他団体とかあまり観ないのでどおゆう選手が居るかわかりませんが全員普段やらない選手なので楽しみ。佐藤耕平選手は同じ格闘技がバックボーンなので意識します。反対ブロックで意識するのは火野選手。スーパーヘビーを体感してみたい。」

岩﨑「昨年は怪我をして火祭り後に欠場してしまうという悔しい結果に終わってしまったので、今年はまず怪我なく火祭りを突破して、最年少優勝を成し遂げます。そして関本大介の持つ世界ヘビーまで辿り着きます。気になる選手は、宮本裕向、佐藤耕平、竹田誠志です。この3人に勝った上で優勝します。
相手ブロックでは、青木優也選手です。若い力でしっかり新しいものを見せていきたいと思います。」

ヤス久保田「火祭り初参戦という事で、今年からZERO1所属になりリベンジャーズにも属してて、久保田ブラザーズとしてのタッグのイメージが強いと思うんですけど、シングル未知数だと思われてると思うんですがこのブロックを混乱させたいと思ってます。同じブロックでは、初戦で当たる菅原選手との試合が一番大事になると思います。ジャイアントキリングを起こしたいと思います。決勝では、リベンジャーズの田中さんや火野選手とやりたいと思います。それを目指して、頑張ります。」

菅原「今年の火祭りBブロックは、前年度覇者の宮本、佐藤耕平、初対戦の竹田誠志などなどなかなか難しい相手が多いが、勝てない相手ではないので工夫して取りこぼしなく丁寧に戦っていきたい。去年も同じブロックだった宮本、岩﨑、将軍には去年負けてるのでリベンジしたい。決勝はリベンジャーズの仲間の田中、火野、朱崇花とリベンジャーズここにありを見せつけた上で優勝したいと思います。」

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事