【PURE-J】6月19日(水) 浅草花やしき内 花やしき座大会 19時 「レッゴー!令和!vol.6」 ☆見所解説

◇6月19日(水) 浅草花やしき内 花やしき座大会 19時
「レッゴー!令和!vol.6」

☆見所 ※オフィシャル記者寄稿

1、シングルマッチ 15分1本勝負
AKARI vs 春日萌花

 北千住大会からわずか3日後の開催となる浅草大会。

春日萌花はAKARIについて「母国を離れ、言葉も食事も違うところで日々学んでいる、行動力溢れる彼女の事をリスペクトしています。あらゆる事をグングン吸収していくこの時期に対戦できる事が嬉しいです」とコメント。

そして、「こんな闘い方をするレスラーもいるんだよって、試合の中で知って欲しい。うっかりに気をつけて、しっかり伝える。こちらも学びだと思い頑張ります!」と意気込みを語る。

2、シングルマッチ 15分1本勝負
ライディーン鋼 vs 谷もも(Beginning))

参戦の機会が増えてきたアクトレスガールズの谷ももがライディーン鋼に挑む第2試合。

「初めてPURE-Jの選手と戦わせて頂いたのが『WANTED☆ウォリアーズ』のお2人でした。

デビュー1周年でKAZUKI選手とシングルマッチをさせて頂き、今回はライディーン鋼選手とのシングルマッチになります。

体格差はありますが、私が今持っている力を駆使して崩していきたいです!」と話す谷に対し、鋼は「ヒザを使った技に気をつけて、パワーと重圧で潰してペランペランにしたいと思います」と受けて立つ構えだ。

3、シングルマッチ 15分1本勝負
KAZUKI vs 米山香織

ゴールデンウイークの板橋以来の顔合わせとなるKAZUKIと米山香織が、今回はシングルマッチで対戦。

KAZUKIは「シングルマッチはいつ以来か記憶にないほど久し振りになります。

変顔させられる前に、私のヒザ攻撃で悶絶してる顔を皆さんにお見せしたいと思います」と勝利を誓う。

4、シングルマッチ 15分1本勝負
Leon vs 小林香萌

セミファイナルは和製ルチャドーラ対決。今月9日にタッグマッチで対戦している両者が今度はシングルで対峙する。

Leonは「メキシコ遠征を経験した事でさらにスピードと技に磨きがかかっていたので、久々のシングルはすごく楽しみです。

ハイスピードな戦いになると思うので、皆さん目を離さないで下さい!」。

小林も「Leonさんとの試合はいつもワクワクします。メキシコ風を吹かせて勝利を勝ち取りたいと思います!」と呼応しており、女子プロレス界の中でもトップクラスのテクニカルな攻防に期待したい。

5、タッグ王座次期挑戦者決定ミニリーグ・第一戦 30分1本勝負
中森華子&山下りな vs 勝愛実&マリ卍

『WANTED☆ウォリアーズ』KAZUKI&ライディーン鋼の持つタッグ王座への挑戦権を懸けて3チームが争うリーグ戦が開幕。

下剋上を目指す『愛卍』勝愛実&マリ卍、そして無差別級シングル王者・中森華子はパートナーとしてフリーの山下りなを指名した。

わずか3試合のリーグ戦だけに一戦一戦が勝負となる。「私は相手が誰だろうと全力で闘うのみなので、タッグリーグを勝ち抜いてまたウォリアーズの前に立つだけです」と覚悟を決める勝愛実。

マリは山下について「中森さんの言う“刺激的な選手”。刺激的である程燃えます! 最高のスタートを切りたいと思います」と臆する気配はない。

一方の中森は「PURE-J認定無差別王座とデイリースポーツ認定女子タッグ王座を同時に巻いた選手はまだいない。だったら1番に私がなってやる。山下と共に熱い試合をするだけ!」とコメント。

パートナーに指名された山下は「“刺激的、強い”って理由で選んでくれたの超嬉しい! 味方にも刺激的すぎる時もあるのに私を指名するなんて、中森華子はギャンブラーですね。対戦相手の愛卍は生配信以外の活動がわかんねーから言うことなし! 以上!」とのこと。

タッグチームとして機能するかはわからないが、山下の暴れっぷりが鍵となりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事