【編集長コラム】「飯伏幸太に任せた!」

imgp8186_r

 

「大人の飯伏」がそこにいた。久しぶりに会ったゴールデン☆スターは、以前の「自由奔放でマイペースな若者」ではなかった。

 

ファッションも、立ち振る舞いも言葉の選び方も、何から何まで洗練され、大人の男になっていた。

 

インタビューを終え、駅に向かう途中「お茶しますか?」となった。

 

辺りを見回した飯伏は「あそこにしましょう」と即断。自ら大手コーヒーチェーンのドアを開けていた。

 

おしゃれなお店に溶け込んでいる。モンブランもオーダーした。

 

「あれ、甘いもの、大丈夫?」。鍛え抜かれた体は「節制した食生活」を物語っていただけに、いささか意外だ。

 

「今日は、練習やりこんだし、甘いものも必要ですから」と明快な答えが返ってきた。しかも、和栗入りの「和風モンブラン」である。

 

米WWEのオファーを辞退し「日本のプロレスを大きくしたい」という決意が、自然に和風の一品を選択させたのだろうか。

 

ガバッと一気に食べるのではなく、ひと口ひと口、大事そうに味わって食べている。

 

洗練された言動に、ファッションモデルかと思わせるおしゃれなファッション感覚。米遠征も一人でこなす内に、自然に身についたに違いない。

 

英語もヒヤリングに不安はないという。「聞くことはわかります。話すのは身振り手振りを織り交ぜれば大丈夫」と、英会話にも自信をほのめかす。

 

実際、米国の就労ビザなど、煩雑な手続きも一人でこなした。

 

「最初はみんなに助けてもらったけど、今は一人のほうが気楽ですね」と、米WWE遠征時の米国生活も楽しんでいる様子。

 

失礼ながら飯伏が米WWE入りを辞退したのは「アメリカ生活が不安だからだろう」と思っていた。

 

「プロレス少年が、そのまま大人になったような彼には無理だ」と、自他ともに認めるのが飯伏だと考えていた。

 

「申し訳ない」と、謝るしかない。飯伏は「大人の男」に変貌している。

 

自宅でゲームばかりしている内向的なイメージも強かったのだが「外へ出るようになりましたよ!」と、充実した忙しさを楽しんでいる。

 

フリーになってから、いろいろな人が寄って来たこと。それがいい経験になり、とても勉強になったことなども熱く語ってくれた。

 

「プロレスの妖精」というか「不思議ちゃん」だった飯伏のイメージは完全に覆った。

 

しかも「スゴイものを見せたい」「その時、最高のものを」「僕しかできないことを」という言葉が口から自然に流れ出てくる「熱き男」だった。

 

多くのレスラーをインタビューしてきたが、馬場、猪木、天龍ら日本プロレス史をリードしてきた「ミスタープロレス」たちと対した時と、同じ感覚に襲われる。

 

しかも驚くほど、顔の色つやが良く、若返ったように見えた。

 

唇の色も赤く、血色の良さが出ている。「色つきリップつけているの?」と冗談で聞いたら

「あはは、つけていませんよ! 顔色いいですか? 体調がいいですからね」と、屈託なく笑った。

 

今がベストコンディション「250%だ」と断言する飯伏の表情は、自信に満ち溢れ、頼もしさを感じさせた。

 

日本プロレス界を背負って立つ気概にあふれた飯伏。「彼ならやってくれる」と思わせるオーラを、いつの間にかまとっていた。

 

「2017年のプロレス」を飯伏幸太に任せたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事