【WWE】戸澤、王座奪還ならず!激戦を制したグラックが新クルーザー級王者となる!!

現地時間623日にワシントン州タコマのタコマドームにてPPV「ストンピング・グラウンズ」が開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆戸澤、王座奪還ならず!新王者はグラック

戸澤陽が王者トニー・ニースと対立しているドリュー・グラックを相手にクルーザー級王座戦に挑んだ。

奪取に成功すれば自身2度目の王座戴冠となる戸澤は序盤からニースにトペ・スイシーダ、グラックにエプロンからのトペ・コンヒーロを炸裂。

さらにグラックがニースを関節技で捕まえると、戸澤は2人に向けてコーナートップからダイビング・セントーンで攻め込んだ。

しかし、試合終盤で戸澤がグラックに放ったドロップキックがニースにクリーンヒットすると、その隙にグラックがネックブリーカーで戸澤を沈めて3カウント。

戸澤は王座返り咲きにあと一歩届かず、激戦を制したグラックが新クルーザー級王者となった。

試合後、戸澤は「また取れなかった。くそー、悔しい。まだ、あきらめられないんだけど、今はまだ頭の整理がついてないので、ちょっとゆっくり考えさせてください。また必ず上を目指して行きますので、応援宜しくお願いします」とコメントした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事