【W-1】タッグ王者・立花誠吾インタビュー「18日の新木場で必ず芦野祥太郎をやる気にさせてやるよ」 防衛戦の相手に芦野を指名した思いとは?

6月11日の新木場大会で近藤修司とのタッグでW-1タッグ王座を獲得した立花誠吾。翌日の会見では『W-1 GP 2019』の1回戦で破れた芦野祥太郎を防衛戦の相手に指名した。かつてはEnfants Terriblesで芦野と共に活動していた立花。師匠とも言える存在に対しての思いを語ってもらった。

──立花選手はリザルトUWAの6人タッグのベルトは巻いたことがあると思うんですけど、タッグは初めてですよね。いかがですか、チャンピオンになってみて。

立花 防衛戦をやったわけじゃねえからチャンピオンとしての実感はねえけど、ベルトを持っている以上、そう簡単には負けらんねえなっていうのはあるよな。

──それは普段の試合でも、ということですか?

立花 もちろんチャンピオンでなくてもそういう気持ちで試合に臨んでるけどよ、今はこのベルトの価値を上げていかなきゃいけねえから、そう簡単には負けられねえっていう気持ちは強いよな。

──『W-1 GP』では1回戦で負けてしまったわけですけど、そのすぐ後の大会でのベルト戴冠でしたね。

立花 珍しいケースのような気がするよな。1回戦負けした奴がチャンピオンになる。まあ、何が起こるかわからねえところがプロレスの面白さではあるからよ。ただ、相手が芦野祥太郎だったから負けてもしょうがねえって言われるのは嫌だからよ。負けたのは単純に俺に実力がなかったから。でも、こうやってタッグのベルトを獲ったから、改めて実力を示せただろう。

──落ち込んでもしょうがないところだったと思うんですけど、逆に悔しさがモチベーションとなってベルト獲得につながったんですかね?

立花 落ち込むっていうのは正直なかったな。そんな暇もねえ。俺は自分の実力をどうしても示していかなきゃいけねえっていう気持ちが強かったからよ。だから、ベルトを獲れたんだと思う。

──防衛戦の相手としてグランプリ1回戦で負けた芦野選手を指名しましたけど、あの1回戦の試合はどういうお気持ちで臨んだのか改めて教えてください。

立花 あの試合は緊張したな。それは後楽園のセミファイナルという位置で組まれた試合だからじゃねえよ。芦野祥太郎との試合だから緊張したんだ。例えば小学生のガキが先生に自分がやったことを見せるみてえな感じかな? 試合後のマイクでも言ったけど、芦野祥太郎には学院を卒業してからトレーニングでも私生活でも面倒を見てもらってたからよ。俺と頓所と芦野祥太郎で毎日3〜4時間ぐらいずっとレスリングの練習をしてたんだよ。プロレスの基礎中の基礎だよな。今の俺があるのはあの当時、それをひたすらやっていたおかげだよ。

──なるほど。だから、その成果を披露するという部分で緊張していたということですか。

立花 闘いを通してどっかに芦野祥太郎に認められてえっていう気持ちがあったのは事実だな。

──芦野選手とは2月の後楽園で復帰したあと、新木場でシングルをやったじゃないですか? 負けたら竹刀の使用禁止という条件つけられての試合。あの時も同じような気持ちだったんですか?

立花 あの時も緊張してたな。もちろん社長や副社長、それから学院の先公たちにもプロレスの基礎はいろいろ教わったけど、リング上の細かい技術は芦野祥太郎からほぼほぼ教わったようなもんだ。あとEnfants Terribles時代には児玉裕輔。その2人なんだよな。だから、グランプリの時は芦野祥太郎と肌を合わせて、セコンドでは児玉裕輔が見ている。なんか試合を通してテストされているような感覚だったよな。だから、その感覚をまず払拭しねえとダメだなって。いつまで経ってもあの2人を俺が勝手に上の存在に思っちゃってるんだよ。このままじゃ勝てねえし、まずそれを払拭しねえといけねえ。それが芦野祥太郎を防衛戦の相手として指名した理由だよ。

──でも、2月の新木場でのシングルマッチよりははるかに追い詰めることができたという手応えはあったんじゃないですか? それでも払拭はできなかったということですか?

立花 完全にはできてねえ。ただ、2月の時になぜ竹刀使用禁止って言われたのか? あれは何かしらのメッセージだったのかなと思うよ。今は同じユニットでもねえし面倒を見る義理もねえんだろうけど、「竹刀を使わずにプロレスの技術で俺のいる場所まで来てみろよ」っていうメッセージだったのかなと俺は勝手に思っている。グランプリでも同じようにアンクルでタップして負けちまったけど、今タッグチャンピオンになったからこそ、チャンピオンとして芦野祥太郎ともう一度闘いてえんだ。

──お話を聞いてると、Enfants Terriblesを追放されたことに関しての恨みつらみはないんですかね?

立花 いや、正直あるよ。舎弟共が見ている前で公開処刑されたわけだからな。それは単純に腹が立つ。だからこそ、Enfants Terriblesに「勝ちてえ」、「負けちゃいけねえ」っていう気持ちが強えんだよ。

──グランプリでの試合後に芦野選手が「また一緒にやらないか?」って声をかけてきたのを拒否したのもそれが理由ですか?

立花 そうだな。正直言ってやりてえとは思ったしよ。でもよ、結局同じところにいたらいつまで経っても芦野祥太郎の下に見られるわけだし、見ている舎弟共もつまんねえだろう。

──やはり対角線上に立ってこそだと。

立花 そういうことだな。まあ、あいつは俺の指名に対して何も触れてねえ。興味がねえんだろうな。あっちにしてみれば何度も勝ってる俺とやることに意味がねえと思ってるんだろう。でも、7月18日の新木場大会で6人タッグで対戦するからよ。

──近藤&立花&ペガソvs芦野&児玉&羆嵐というカードが組まれましたね。

立花 そこで「やってやるよ!」って言わせるのが俺の仕事だよ。18日の新木場で必ず芦野祥太郎をやる気にさせてやるよ。

──芦野選手との闘いは師匠超えという感覚があるんですか?

立花 それに近いものがあるな。事実師匠だし……なんだろうな? ただ、ベルトを落としたとはいえ、W-1の一番の奴だからよ。そいつに勝ちてえっていう気持ちはある。とりあえず俺は芦野祥太郎に勝ちてえ。そしてさっき言ったように試されているような感覚を払拭してえんだ。それがある限り、俺は芦野祥太郎という壁で止まったきりになっちまう。それを取っ払いてえし、超えてえんだよ。もちろん1勝したぐれえで超えたとは思わねえ。でも、まずは目に見えた勝ちっていうのを掴みてえんだ。

──パートナーの近藤選手は立花選手にお任せという感じなんですか?

立花 副社長は放任主義だからな。「お前のやりたいようにやれ」って言ってるから。あとはちょいちょい言ってるけど、「お前のキャリアになるような人間とやらせる」って。芦野祥太郎との闘いはキャリアになると思うし、副社長はなんも言わねえよ。

──なるほど。それにしても2月に復帰してから存在感を示してますよね。

立花 まだまだ溜まっていた分を発揮しきれているとは思ってねえし、俺に言わせりゃ他の奴らに存在感がねえだけなんだよ。俺たちの世代の頓所、ペガソ、岩石、本田。伊藤や一は欠場してるけど、出ている奴らは大人しすぎる。会社から与えられたカードをやっているだけで動かねえしよ。危機感を覚えねえと。てめえらで団体をひっぱっていくっていう気持ちがなきゃダメだ。「あいつとやりてえ」でもいいからなんか主張しねえと。いつまでもそのままだったらそのうちやっちまうぞ!

──立花選手は主張することによってタッグ戦線を動かそうとしてますもんね。

立花 そうだよ。だから、芦野祥太郎も必ず防衛戦に引っ張り出してやるよ。てめえら見とけよ! ああ〜ん?

大会詳細

「WRESTLE-1 TOUR 2019 SYMBOL」新木場1stRING大会
日時:7月18日(木)19時試合開始/18時30分開場
会場:東京・新木場1stRING

【対戦カード】

第1試合 シングルマッチ30分1本勝負
カズ・ハヤシ vs 藤村加偉

第2試合 タッグマッチ30分1本勝負
征矢学&タナカ岩石 vs 本田竜輝&美月凛音(歌舞伎町プロレス)

第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
才木玲佳&安納サオリ(Actwres girl’Z) vs 関口翔(Actwres girl’Z)&有田ひめか(Actwres girl’Z)

第4試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
近藤修司&立花誠吾&ペガソ・イルミナル vs 芦野祥太郎&児玉裕輔&羆嵐

ー 休憩 ー

第5試合 タッグマッチ30分1本勝負
河野真幸&アレハンドロ vs アンディ・ウー&頓所隼

メインイベント WRESTLE-1チャンピオンシップ前哨戦!6人タッグマッチ30分1本勝負
稲葉大樹&土肥孝司&エル・イホ・デル・パンテーラ vs T-Hawk(#STRONGHEARTS)&吉岡世起(#STRONGHEARTS)&エル・リンダマン(#STRONGHEARTS)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事