【WWE】中邑真輔がベイラー破ってIC王座を戴冠「俺の方がフィンよりベターな王者になる」

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間7月14日にペンシルバニア州フィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターにてPPV「エクストリーム・ルールズ」が開催された。

PPV「エクストリーム・ルールズ」のキックオフショーで中邑真輔が王者フィン・ベイラーとIC王座をかけて激突した。

前回のノンタイトル戦で勝利している中邑がアーム・バーやライダーキックで攻め込めば、ベイラーもトペ・コンヒーロやオーバーヘッドキックを繰り出して激しい攻防を展開。

終盤には中邑がスライディング・ジャーマンスープレックスからキンシャサを狙うと、これをベイラーがカウンターのスタンプで迎撃。続けて今度はベイラーがクー・デ・グラを狙ったが、これを直前で回避した中邑がキンシャサを炸裂させると、さらにもう1発、ダメ押しのキンシャサをベイラーに叩き込んで3カウント。中邑が王座戦でもベイラーを撃破してIC王座を戴冠した。

試合後のインタビューでは「俺の方がフィンよりベターな王者になる。人々はもう俺のことを忘れないだろう」と白いIC王座のベルトを抱えながらコメントした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事