【全日本】新社長に福田剛紀氏が就任!秋山準はGMとして現場監督に

全日本プロレスは10日、後楽園ホールで会見を開き、8日付で福田剛紀氏(53)が新代表取締役社長に就任したと発表。14年から5年間社長を務めてきた秋山準(49)は現場監督にあたるGMとなる旨を発表した。当日はリング上からも2人でファンに向けてメッセージを送った。

秋山は「5年間という間でしたが、選手、社員、関係者、そしてファンの皆さんに支えて頂いて社長を務めることが出来ました。本当にありがとうございました。今後は現場の責任者として全日本プロレスにますます貢献していきたいと思いますので、よろしくお願いします」と語った。

福田新社長は「前の経営者から全日本プロレスをお預かりして、全力で秋山社長を支援して参りました。秋山社長には、ご自身が選手としてリングの上でご活躍いただくだけではなく、若手選手の育成や、そしてファンの皆さんに喜んでいただけるような熱い戦いをリング上で提供することに全力を挙げていただきました。また、会社経営という数字との闘いにも追われていました。5年間を振り返りまして、とても充実した5年間だったと思います。十分に結果が出ましたので、このあたりで数字を追うことから少し肩の荷を降ろしていただいて、本来最も得意とされる若手の選手の育成や、このリング上での闘いを、よりレベルアップさせることに取り組んでいただこうと思い、秋山社長に代わって私が事務の仕事をこれから引き継がせていただきます。これからは、現場監督……現場監督というと古い響きがございますので、ゼネラルマネージャー、GMとして今後全日本プロレスを盛り上げることに取り組んでいただきたいと思います。これからも秋山ゼネラルマネージャー、そして全日本プロレスのリングをどうぞ宜しくお願いします!」と秋山前社長のこれまでの苦労を労わった。

今後について「プロレス、あるいは他団体しか見たことがない方々に全日本プロレスを知って頂いて、ファン層を広めていきたい。リング上の戦いの素晴らしさは秋山社長が今まで育ててくれた大きな資産。どこに出しても恥ずかしくない」とコンテンツへの自信と拡大へ向けた意気込みを語った。

(写真:伊藤ミチタカ氏)

秋山新GMは「令和の長州になる」と発言。宮原健斗の黄金時代で勢いを吹き返す全日本に「腕のふるいがいがある」と新たに決意を固めた。

なお、大森隆男は選手業に専念するため取締役から外れ、新たに十枝利樹氏の取締役就任も発表されている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事