【WAVE】彩羽匠が三つ巴戦を制してCatch the WAVE 2019優勝、8.12後楽園でHIRO’eと防衛戦!8.12後楽園でタッグ選手権リマッチ!宮崎が8.25地元名古屋大会で高橋奈七永へシングルマッチ要求<7.15新宿大会>

4、CATCH THE WAVE2019優勝決定三つ巴戦(時間無制限1本勝負)
①○野崎渚<ビジュアルブロック1位>(8分7秒、レフェリーストップ)彩羽匠●<テクニカルブロック1位>
※ドルミルⅢ
②○水波綾<パワーブロック1位>(1分6秒、片エビ固め)野崎渚●
※ラリアット
③○彩羽匠(3分10秒、場外リングアウト勝ち)水波綾●
④○野崎渚(2分25秒、レフェリーストップ)彩羽匠●
※ドルミルⅡ
⑤○水波綾(5分18秒、首固め)野崎渚●
⑥○彩羽匠(6分30秒、片エビ固め)水波綾●
※ランニングスリー
⑦○彩羽匠(5分42秒、エビ固め)野崎渚●
※ランニングスリー。彩羽が2連勝。第11代波女となるとともに、第14代Regina di WAVEとなる

5・5後楽園で開幕した今年(2019年)のCatch the WAVEはビジュアルブロック、テクニカルブロック、パワーブロックの3ブロックのリーグ戦によって争われ、各ブロックの1位が三つ巴戦で波女を争うこととなった。

ビジュアルを制したのは開幕戦で高々と波女宣言した野崎渚。テクニカルを制したのは、現・シードリング・ビヨンド・ザ・シー王者であり、マーベラスのエース彩羽匠。そして、パワーブロックを制したのは、waveのアニキこと水波綾だった。なお野崎と彩羽が勝てばはじめての波女。水波が勝てば、2016年以来、3年ぶり2度目の戴冠となる。

①野崎VS彩羽
試合は先日の記者会見で決定した通り、野崎VS彩羽でゴングを迎える。開始早々、野崎がドルミル狙い。当然のことながら彩羽は警戒。極めさせずにショルダータックルをお見舞いする。得意のキックを狙うが、かいくぐった野崎がドルミルの体勢。なんとか回避した彩羽がヘッドロック。

脱出した野崎がブレイジングチョップを連発する。野崎式の串刺しビッグブーツやおしゃれキックなどのオリジナルムーブで試合をリードする。

一方、彩羽はカウンターのトラースキックを皮切りに、ミドルキック、サッカーボールキックでカウント2。ランニングキックにつなげる。

今度は野崎がカウンターのビッグブーツ。流れを変えるとミサイル発射。そしてダブルニーアタックでカウント2。すかさずドルミルへ。彩羽がかろうじてロープ。

野崎はリバース式のおしゃれキックから片足ドロップキックを敢行。彩羽もエルボー弾からニールキックをお見舞い。これはかわされるも、パワーボムでカウント2。すぐさまランニングスリーの体勢に入るも、これは未遂。スピンキックで追撃する。

走る彩羽だったが、かわした野崎がドルミルⅢ(チキンウイング式胴締めスリーパー)へ。彩羽の意識が遠のき、レフェリーストップ勝ち。まずは1勝を収めた。

②野崎VS水波
すぐさま野崎VS水波がスタート。はじめから水波がラリアットで飛ばしていく。カウント2。レッグドロップで飛び込むも、野崎はやはりドルミルを狙い。これを脱出した水波がラリアット。これだけでも十分に説得力あったが、さらにもう一発豪快に叩き込み、66秒で決着!

③水波VS彩羽
野崎戦を速攻決着で終え、体力が有り余っている水波。ゴングと同時に猛ラッシュをかける。彩羽もカウンターのローリングエルボーを放って攻守逆転。スリーパーで捕獲する。

水波がラリアットを放っていき場外戦となる。彩羽の場外ブレーンバスターが決まる。リングに戻ろうとする彩羽を水波が足止め。振りきった彩羽がハイキックを見舞って先にリングイン。リングアウト勝ちを収めた。

④野崎VS彩羽
ここから2巡目に突入。雪辱したい彩羽が胴締めスリーパーへ。野崎が脱出すると丸め込みの応酬に。いずれもカウント2。野崎の後方回転エビ固めもカウント2。ここで野崎がドルミルⅡ(胴締め式ドラゴンスリーパー)で捕獲。すると再び彩羽の意識が遠のき、レフェリーが試合を止めた。

ここで野崎にレフェリーチェックが入る。右ヒザに処置がほどこされたあと試合が再開される。

⑤野崎VS水波
スタートから走る野崎に水波がラリアット、レッグドロップでカウント2。そして肩固めからのイチジクで攻勢。

しのいだ野崎がビッグブーツを放てば、水波はエルボーで応戦。そこから野崎がビッグブーツ。ダブルニーアタックもカウント2止まり。ここで野崎はドルミルⅡの体勢。担いだ水波がホットリミットへ。しかしカバーにいけない。

野崎のビッグブーツ、片足ドロップキックはカウント2。カウンターのビッグブーツでも決まらない。野崎がドルミルⅢを狙うが、切り返した水波が首固めで3カウント!

⑥水波VS彩羽
ゴングと同時に彩羽がハイキックで先制。ニールキック、ローキック、低空ドロップキックと猛攻を仕掛ける。

いきなり攻め込まれた水波だったが、裏投げで抵抗。ならばと彩羽はキックのコンビネーション。水波もラリアットで応戦する。

コーナーに向かう彩羽。水波が雪崩式パワースラムに切り返し、ダイビング・ギロチンドロップにつなげる。カウント2。続くホットリミットも返されてしまう。

彩羽も胴締めスリーパーで形勢逆転。なんとか水波がロープ。彩羽がライガーボムで追撃する。キックアウトされると、スクリューキックからこの日はじめてのランニングスリーで3カウント!

⑦彩羽匠VS野崎渚
3巡目。これまで2度野崎に落とされている彩羽が最初から仕掛けていく。エルボーのラリーとなり、野崎がビッグブーツ。カウント2。彩羽もカウンターのハイキック、正面ドロップキックでお返しする。両者ハーフダウン状態。

野崎が先にエルボー弾を放てば、彩羽もキックで応戦。投げっぱなしジャーマンを放つ。すぐに野崎もビッグブーツ。

彩羽はパワーボムからのライガーボムでカウント2。さらにスワントーンボムを投下。しかし切り返した野崎がカウント2。そのままドルミルへ。これは彩羽の足がロープに伸びる。

野崎は片足ドロップキックを連発。カウント2。彩羽もハイキックからランニングスリーの体勢。着地した野崎がドルミルⅡへ。なんとか彩羽がロープ。

反撃に転じた彩羽はキックのコンビから再びランニングスリーの体勢。今度は完璧に決めて3カウント! 計7試合、32分18秒の熱戦に終止符が打たれた。

各賞発表
すぐに表彰式がおこなわれ、株式会社ZABUNの二上美紀子会長が「すごかった。2019年、今年の新生waveになってのCATCH THE WAVEも今日で終わりました。みなさんどうだったでしょうか(拍手が沸き起こる)。ありがとうございます。では章の発表にいきます。全試合を見たのが、私と野中リングアナだけなので私の独断と偏見でいきます」とマイク。各賞を発表した。各賞は以下の通り。

【敢闘賞】星いぶき、梅咲遥、Maria(本戦は該当者なしのためヤングを評価)


【殊勲賞】優宇(宮崎有妃に勝利したことを評価)
【技能賞】宮崎有妃(攻守の巧さを評価)


【ベストバウト】野崎渚VS有田ひめか戦(7・1新木場)


※次点は6・16川崎=梅咲遥VSMaria、6・19新木場=桜花VS志田
【功労賞(特別賞)】志田光(これまでのCatch the WAVEを支えてきたことを評価)


【ヤングブロック優勝】HIRO’e


【2位】水波綾、野崎渚


【波女】彩羽匠

続いて大畠美咲がアタッシュケースに封印したRegina di WAVEのベルトが運び込まれ、開封。7カ月ぶりにベルトがお目見えし、彩羽の腰に巻かれる。そして、賞金100万円が手渡された。

彩羽「一言ということでGAMI会長! 三つ巴メッチャしんどかった。死ぬかと思いました」

二上会長「私は本部席で見ていて、来年のCATCH THE WAVE全部三つ巴でもいいかなと思いました」

彩羽「いやー、こんなしんどい思いするからにはもっと大きい会場でやりたかったんですけど、まあ次の防衛戦、8月12日後楽園ホール、HIRO’e選手、決まりましたね。まあHIRO’eはいいや。防衛する前提で次、ビッグマッチ8・25名古屋国際会議場。ちょっと自分つっかかってる相手がいるんですよね。勝てそうに思えて、ぜんぜん勝てない…旧姓・広田さくら!HIRO’eにはちゃんと防衛するんで、その次の挑戦者として、このベルトかけてやらせてください。王者はそのくらいリスクないとやっていけないのでお願いします」

広田「ぜんぜん勝ったことないじゃん。ってことは、次もきっと勝てないけどいいの?(彩羽が頷くと)私、じゃあwaveのチャンピオンにならせていただきますぅ! まずね(HIRO’eには)3割くらいの力で勝てると思うので、余力残してもらって名古屋でやりましょう」

すると今度は宮崎がリングへ。

宮崎「私も8月25日、私もやりたい相手がいます。愛知県・地元で名古屋国際会議場でやりたい相手は…いるんだろ? 高橋奈七永!お前とずっとやりたいと思っていたよ。魂と魂のぶつかりあいをしましょう」

試合を見に来ていた奈七永がリングに上がる。

奈七永「宮崎さん、何年ぶりになりますかね。シングルマッチやりますか。宮崎さんのパッションに、高橋奈七永のパッションは負けませんからね。よろしくお願いします!」

彩羽「(優勝の余韻を消されてしまった彩羽はやりづらそうに)なんやねんホンマ…何がこれがwaveや…。自分、2冠チャンピオンになりました! これから自分が女子プロレスの景色を本当に変えていきます。これはいま来ているお客さんみんなに約束します。だからwaveさん、どんどん引っかき回して楽しくしていきます。第14代レジーナチャンピオン。これでなんて言おうとしたか、頭打ち過ぎてわからなくなっちゃった(苦笑)。これ締めますか?」

勝利者マイクが打ち切られ、激闘を繰り広げた選手たちが記念撮影。そして、改めて波女&レジーナとなった彩羽にリングコール。拍手のなか彩羽が退場すると、HIRO’eが再びマイクを握る。

HIRO’eは「今日はまだwaveの締めをしてない。だから私が締める! waveの選手、上がってください(水波は不参加)。今日、レジーナは彩羽匠に決まりました。個人的にはwaveの先輩たちに取ってもらって、私が8月12日に挑戦したかった! けど、他団体にベルトが流出したってことは取り返さないとダメですよね。なので絶対取り返します」とファンに約束。そして、恒例の締めでCatch the WAVE2019を締めくくった。

彩羽バックステージ


——waveのベルトを巻いた感想。
彩羽「いやー、久しぶり感が凄いですね。一度自分もレジーナのベルトを取らせていただいたんですけど、一度も防衛せずに終わったベルトなので凄い心残りがあったベルトで、新生waveになってから初お目見えということで、面白くなるんじゃないですかね。これでwaveの選手がどう思ったかわからないですけ、新生waveになって、レジーナのチャンピオンが他団体に渡るってどういう気持ちなんでしょう。それも聞きたいですよね。自分、2冠になりました。マーベラスには何度も言いますけど、ベルトがありません。だからこそ他団体のベルトを自分は常に狙っています。で、いま自分のもとに2つベルトがきました。まだまだ狙いたいですけど、でもやっぱりベルト集めればいいということじゃなくて、これとともに女子プロレスをどんどん盛りあげていくっていうのがチャンピオンとしての指名だと思うので、そこに期待してもらえればと思います。メチャクチャしんどかったです、三つ巴戦。こんなに三つ巴戦ってやるもんなんですか?(苦笑)こんだけやれたら次、何来ても怖くないですよね。だからこそ、お客さんからしたらどう思うかわからないんですけど、自分からしたら超・強敵の旧姓・広田さくら指名しました。もうこの三つ巴を制したので、怖さも何もないですね。キャッチのときも試合しましたけど、ふざけてるのか本気なのかわからないですけど、自分はあのスタイルがいろんな意味で合わないです。だからこそ、しっかり名古屋国際会議場。広田さくらの出身地・凱旋ということで、しっかり広田選手をひねり潰したいと思います。自分のプロレスを貫き通します」

——HIRO’eについては?
彩羽「HIRO’e選手…うーん、どうだろ。最近、口達者になったとは思うんですけど、それに実力がともなってるのか、ともなってないのか。まあヤングの中で1位通過したので、それなり。それなりの力はあると思いますけど、ぜんぜん驚異ではないです。だから、まあ口だけじゃなく、カラダも鍛えておけよっていう感じですかね。やっぱり生え抜きの選手で、waveさんも凄く大事にしてる選手だと思うので、HIRO’e選手が一番、自分にこのベルトが渡って悔しいと思ってくれないと困るし、余裕だから言います。本気で取りに来いって」

——1年ぶりにレジーナが戻ってきて前回できなかったことや、自分が思う王者像みたいなものは?
彩羽「そうですね、うーんと、やっぱりもちろん凄い選手、いい選手と当たって、このベルトの価値を高めるのはもちろんなんですけど、いま自分コレを取った時点で、waveさんのトップに立ったということで間違いないですよね? それでいまシードリングさんのチャンピオンベルトも持っています。シードリングのトップとしても間違いありません。じゃあやるべきこと…それは女子プロレスを上手くまとめたいですよね。自分がいま2団体のチャンピオンなので、プラスマーベラスのエースでもあって、3団体を背負っているぐらいの勢いで自分はいると思っているので、面白くひっかきまわしていきたい。女子プロレスを盛りあげる、動員数もそうですし、話題もどんどん作っていきたいし、そしてこのベルト、どんどん価値を高めていけたらなとそう思います。それがやりたいことですね。防衛はもちろん当たり前のことです、チャンピオンだから」

——手にした100万円をどうします?
彩羽「100万円ね。どうしましょう。実は自分ですね、このコスチュームあるじゃないですか。コレを取るために、このある意味、高額なコスチュームを作ったので、まあよかったです。ふははは! 100万円凄くありがたいですね。でもやっぱり、もっと面白いことやりたいですね。この100万円でできることは限られてくるかもしれないですけど、女子プロレスを変えるための何かだったり、若い子を増やすための何かに使えたら凄く、有意義なお金の使い方になると思います。ありがとうございます、大事に使います」

——野崎選手になかなか勝てなかったが。
彩羽「勝ったことないですかね」

——今日はじめて? 苦手意識ある?
彩羽「そうですね、もちろん自分、野崎選手には勝てない。そしていつもスリーパーで落とされる。三つ巴、いま記憶がほとんどないんですけど、たぶんスリーパーで落とされて何回か負けましたよね。そのときに何回、自分、変な夢を見たか、落とされて……(苦笑)。なんか汽車に乗ってましたね、試合中。起きたときにお客さんがいた。そういう状況のなかでそこまでされるっていうのは自分が意識というより、たぶん、カラダ全体が苦手なんだと思います。たぶん手が合わない。それが勝てない原因にもつながっていたと思うんですけど、最後、ランニングスリーが決めれて、やっとやっと1勝。この1勝がコレ(ベルト)になって波女になって、なのでこの1勝は大きいですけど、でもやっぱり負けた数のほうが多いので、またやっていきたいですし、もっともっと水波選手とも、まだ水波選手には今回勝ちましたけど、負けたこともありますし、いいライバルとして、そして女子プロレスを盛りあげる一員として一緒に頑張っていきたいので、まだまだ。今日いっぱい試合しましたけど、たくさん試合しましたけど、まだやりたりない。もっとドンドン、ガンガンぶつかっていきたいですね」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2