【ZERO1】初参戦のライガーがコメント「 私のプロレス人生の中で、切っても切れない存在が『破壊王・橋本真也』(中略)私の 『今』 を大谷&高岩にぶつけます」

いよいよ明日に迫った、『第19回真夏の祭典・火祭り2019』決勝戦後楽園大会。

その中での一際注目は、獣神サンダー・ライガーのZERO1マット初参戦!相手は、ジュニア闘争の大谷&高岩。

ライガーの直前コメントが発表された。

獣神サンダー・ライガー 「新日本プロレスの獣神サンダー・ライガーです!いよいよ、明日。プロレスリングZERO1のリングに上がります。

私のプロレス人生の中で、切っても切れない存在が『破壊王・橋本真也』。その橋本選手が創設したZERO1。あのゴツゴツした、叩き潰すプロレスこそが、橋本選手の真骨頂だと思います。

そして、これまた私のプロレス人生の中で、欠かせないのが『ジュニア闘争』の好敵手・大谷晋二郎。
その大谷選手が橋本イズムを継いで、18周年を迎えるという。ZERO1リングと私の遭遇は必然だったと思います」

本人の『必然』の言葉は対戦相手にも。

「初参戦で、反対コーナーに大谷&高岩。パートナーがサスケ選手。大谷選手や高岩選手のプロレス人生に私の存在があるように、私のプロレス人生にも、彼らは欠かせぬ存在です。ならば、私の 『今』 を大谷&高岩にぶつけます」

「第19回真夏の祭典・火祭り2019」決勝戦
7月28日(日)18時00分試合開始
東京・後楽園ホール

【スペシャルタッグマッチ30分1本勝負】
大谷晋二郎&高岩竜一 
vs 
獣神サンダー・ライガー&ザ・グレート・サスケ
「スペシャルリングアナウンサー」田中秀和
「スペシャルレフェリー」保永昇男

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事