【WWE】中邑、アリとの再戦でまさかの敗戦

現地時間7月30日、テネシー州メンフィスのフェデックス・フォーラムでスマックダウンが開催された。

◆中邑、アリとの再戦でまさかの敗戦

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

IC王者中邑真輔がアリとノンタイトル戦で激突した。先週行われた「スマックビル」の再戦となったこの試合で中邑はいきなりアリのドロップキックからトペ・スイシーダ、さらにクロスボディを食らって先制されてしまう。

中邑も反撃とばかりにリバースパワースラムからキンシャサを狙ったが、逆にアリがカウンターのスーパーキックがクリーンヒット。

さらにアリが追い打ちの450°スプラッシュを繰り出したが、中邑がかわしてDDT。続けて再びキンシャサを狙った中邑だったが、かわしたアリが隙を突いた丸め込みで3カウント。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ノンタイトル戦ながらも油断した中邑がまさかのピンフォール負けとなった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事