【WWE】“毒蛇”オートンがRKO4連発でニュー・デイを粉砕

現地時間8月13日、カナダ・オンタリオ州トロントのスコシアバンク・アリーナでスマックダウンが開催された。

◆“毒蛇”オートンがRKO4連発でニュー・デイを粉砕

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

PPV「サマースラム」でカウントアウト裁定となったWWE王者コフィ・キングストンと“毒蛇”ランディ・オートンが6人タッグ戦で再び激突した。

ザ・リバイバルとのタッグ戦でエグゼビア・ウッズ&ビックEのセコンドとしてキングストンがリングインすると、宿敵オートンがステージに姿を現した。

オートンは「お前は俺に勝てないから逃げただろ。しかし、もう一度お前に6人タッグ戦の機会をやろう」とキングストンを挑発して対戦が決定。

試合ではウッズがリバイバルのスコット・ドーソンとダッシュ・ワイルダーに捕まると、場外ではオートンに解説席に投げ飛ばされて苦戦を強いられた。

一時は交代したビックEがベリー・トゥ・ベリーでワイルダーを投げ飛ばし、キングストンがRKOを狙うオートンにドロップキックからダイブ攻撃を決めて反撃したものの、最後は再びウッズがリバイバルに捕まってシャッター・マシーンで撃沈した。

勝利したリバイバルは試合後もウッズとビックEに暴行を加えると、キングストンがトラブル・イン・パラダイスでドーソンを蹴散らして救援するも、牙を剥いたオートンがRKOでキングストンを粉砕。

オートンは倒れ込んだニュー・デイ3人にダメ押しのRKO3連打を叩き込むと動けないキングストンを見下した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事