【ぽちゃじょ】こんなに泣かされた興行はない!プロレスが感動ドラマになる可能性とは!?~8.20新木場 P2 トレインスポチャッティング~

メインイベント 竹下恵子国際親善試合~ケイコ、心のむこうに~ 60分一本勝負
今成夢人 vs 竹下幸之介

メインイベントの開始前にスペシャルアンバサダーの竹下・母であるケイコが挨拶

今成夢人に抱かれてもいいと大阪のおばちゃんのノリを見せながら試合スタートの合図

今成夢人は反町隆史のPOISONを口ずさみながら魂を込めてリングイン

背中にはジョンモクスリーの「MOX」の文字にも似た「sex」の文字が躍る

続いて現・KO-D無差別級王者にしてDDTの絶対的チャンピオンの竹下幸之介が入場

竹下は果たして今成から自身の母親を守ることができるのか?

試合序盤はグラウンドで体格に勝る竹下が今成を抑えつける

何度もヘッドロックで締めあげるその様はまるで「IWGPは遠い」と初期のオカダを這いつくばらせた棚橋弘至の様

ロープに巻き付かせての打撃などラフファイトも辞さない

今成も負けてられない。ロープにふって膝を打ち付ける。

更にリング下に竹下を落として場外戦で躍動。竹下の脚を再三に渡り鉄柱に打ち付ける

竹下も負けてない。同様にやり返した後にパイプ椅子を持ち出し「本当に折ってやる!」

しかしここは竹下母・ケイコが止めに入る。「アンタ正々堂々と戦いなさい!」

リングに戻った竹下はコーナーマットも外しにかかる

マットのないコーナーに鉄柱めがけて今成の膝を叩きつける

悶絶する今成夢人

今成も負けじと竹下を投げつける

強烈なラリアットで竹下を1回転させる

コーナーに上った竹下に対して立ち向かう今成

ヘッドバットで再三叩き落されるが

その度にすぐさま立ち上がりコーナーに立つ竹下に向かっていく今成。凄い気迫だ

根負けした竹下を担いで…

遂には雪崩式のブレーンバスターを敢行

コーナーに突っ込んできた竹下を今成がかわし、竹下はコーナーの鉄柱に自ら突っ込んでしまう

ぽっちゃりへの膝蹴りが竹下にヒット!

足4の字で膝を徹底的に攻める竹下。まるで武藤敬司vs高田延彦の様な攻防

徹底的に今成夢人を傷めつけた竹下はフィニッシュに向けてポーズを決める

すると場内に天の声が響く

今成はこうなることを予期して得意の編集技術を駆使してメッセージビデオを用意していた

なんと今成夢人は20歳で最愛の母親を亡くしていた…

学生レスラー「金的桜ケ丘」としてデビューした3日後に母親を亡くしていた…

今成夢人は母親に自分が大好きなプロレスをしているところを見せたかったが叶わなかった…

それに対して竹下・母が幸之介の様子を見守る様を

Instagramで見るたびに

うらやましく思う今成の心情がそこにあったのだった…

今成夢人の母親もケイコさんの様に明るい人だったことでより一層重なって見えていたのだ

だから今成はもう少しプロレスをして欲しいと訴える

お互いの母親が見守る中で試合を見せたいのだ…

想いを伝えた今成は復活し竹下に攻撃を始める

この思いに応えて涙をぬぐい竹下は今成に渾身のバイオニックエルボー

親の思い、兄弟子の思い、幾多の思いを練りこんでエルボーを食らわす

今成母が見守る中、とめどなく溢れる涙を抑えながらフィニッシュへと向かう竹下

巨大花束をも投げ飛ばした竹下の必殺技ジャーマンスープレックスが炸裂する

完璧な体制でスリーカウントが入った

●今成夢人 vs 竹下幸之介○
タイム不詳 ジャーマン・スープレックス・ホールド

試合後、涙を抑えながら今成の頭を抱える竹下

竹下は「今成さんは母親のことを性の対象として見ているのかと勘違いしていた」と反省の弁

息子の竹下が辛い時は母のケイコに甘えていいと許可を与えた

今成を称える竹下

竹下がリングを去り一人残った今成は「もうこれ以上ぽちゃじょはできない」と弱音をのぞかせる。
通常の映像編集業務に加えて興行の準備をする(更なる編集地獄に突入)のは思いのほか大変なのだ

そんな今成をみかねてぽちゃじょのエースまなせゆうながリングイン。今成「なんだよ?」

まなせは今成へのそしてぽちゃじょへの思いを語る

まなせ「私にプロレスを続けさせる決意をさせておいて勝手にもうやめるとか言うな!」
「辛かったら私を頼って!」と

わた~しにかえ~りなさい~♪と音楽に合わせて歌うまなせ。魂のルフランだ!

途中でマイクを今成に託したまなせはエヴァンゲリオンのスーツに早着替えして戻ってくる

ぽちゃじょのリングに上がった全メンバーが今成に紅白の羽を投げる

感極まりながら歌う今成

歌詞カードを見ながら歌う今成の為に散らばった羽を集めるぽちゃじょ参戦メンバー

せーので羽を投げる一同

今成に元気を取り戻そうと皆で盛り上げる

まなせ「こんなに愛されてぽちゃじょ、辞めないですよね」

今成「やるか、ポチャミネーターにも続編があるみたいだし…」喜ぶまなせ

今成「ぽっちゃりは好きかー!?ぽっちゃりは好きかー!?」

今成「いくぞー!!」

今成「3・2・1…」

今成「ポチャティブ!ポチャティブ!」

今成「オ〇フもありがとーー!!」

満員の観客全員のスタンディングオベーションに感極まりながら退場する今成夢人

ぽちゃじょ第2弾は家族の絆に涙が止まらない素敵な興行となった。感動をありがとう!

映像を使い自らの人生を切り売りしながらプロレスする主演:まなせゆうなの今成夢人監督作品『ぽっちゃり女子プロレス』…その可能性はアスリート性やレスラーの身体を削るだけの攻防ではない魂を揺さぶり人に感動の涙を与える素晴らしい人生劇場である。

DDTの高木大社長は今回の興行の様子次第では次回大会もありうると示唆していた。次は更に大きい会場での開催もあるのか。今成夢人の編集作業と興行へのプレッシャーは増すばかりだが、是非多くの人に彼・彼女の生き様を見届けて感動をわかちあいたい。

試合の様子はDDT UNIVERSEのVIDEOSで視聴可能だ。(月額制・有料)気になる方は是非!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2