【WWE】中邑がゼインとまさかの共謀でミズをキンシャサ葬

現地時間820日、サウスダゴタ州スーフォールズのデニー・ンフォード・プレミア・センターでスマックダウンが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑がゼインとまさかの共謀でミズをキンシャサ葬

IC王者中邑真輔がサミ・ゼインと結託してミズを襲撃した。

ミズTVにゲスト出演したサミ・ゼインが「俺の助けを必要としている男がいる」と言うと、ステージから中邑が登場した。

ホストのザ・ミズが「IC王者なのになぜサミ・ゼインとつるんでいるんだ?」と中邑に疑問を投げかけると、ゼインが「真輔は日本人でアーティストだが、心の中のメッセージを完全に伝えられないことに苦痛を感じているんだ。俺にはその気持ちがよくわかる。真輔と話したければ俺を通せ」と一緒にいる理由を代弁した。

それでもまだ疑問を感じたミズは「本当にゼインに代弁させるつもりか?」と中邑に確認すると、中邑は無言のままミズを止めてゼインを指差し、さらに背後からミズにハイキックを叩き込んで襲撃。

会場からはブーイングが起こる中、中邑は倒れ込んだミズにヒザの連打で追撃すると、ダメ押しのキンシャサを叩き込んだ。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事