【2AW】9.1後楽園ホールで2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント!準決勝に挑む浅川紫悠選手が意気込みを語る!

2019年9月1日(日) GLAND SLAM in 後楽園ホールで『2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント』が行われる。現在こちらのトーナメントに残っている4選手(タンク永井、浅川紫悠、藤田ミノル、吉田綾斗)のうち浅川紫悠選手がプロレスTODAY編集部に来社。準決勝に向けての意気込みを聞いた。

ーー対戦相手タンク永井の印象は?

浅川「タンク永井はここ最近、地域密着やら千葉がどうのこうのいうて。オマエはなんだ議員かよ。地域密着よりもまず試合のこと言えよ。地域を味方につける的なことを発するので。そうじゃなくて試合に関する意気込みを聞かせてくれよ。この間のマイクを聞いてそう思ったね。」

ーータンク永井はぬるま湯につかってる?

浅川「戦いへの意識が薄れているんじゃないか。政界進出でも見据えてるんかね(笑)」

ーー戦いに対しての意識をもっとあげて俺に向かって来いと

浅川「そうやね。こっちはどんと構えているだけ。向こうがどうくるかが注目。」

ーー今は受けて立つという立場?

浅川「そうやね。タンク永井以前は自分にとって先輩で強い存在でそれを乗り越えてやると思っていたけど、今はそうでもなくて踏み台・ハードルにもならない。だから自分が受け止めて跳ね返すだけや。」

ーータンク選手はタックル等パワー系の技をしてくる印象だが

浅川「そうやね。パワーに関しては自分も自信あるんで。力と力のぶつかり合い。それをはねのけて自分が決勝にいくのは確実なんで見といてくれ。」

ーー向こうの準決勝では藤田ミノル選手と吉田綾斗選手がいるが、どっちがくると予想?

浅川「藤田ミノルが来るんじゃないかと。やっぱり2AWに刺激物というか…刺激を与えているのは藤田ミノル。今現在はそう思うんで。それを体感してみたいという気持ちが自分は今強い。」

ーー吉田選手とは因縁そして同期でもあるが今は藤田ミノルより下という感覚?

浅川「そうやね。意志の高さみたいなものでは藤田ミノルに飲み込まれるんじゃないか。吉田綾斗はいつでも自分がエースや、自分が団体引っ張る、新しい景色を見せるとそればっかりを立て続けにいってるだけであって、そこに中身がない。藤田ミノルはそこに説得力があって。13年前のKAIENTAIも知っていて今の2AWの姿も知ってる。培ってきたものが全然違うので、やっぱ説得力がある。言葉の強さ、そして意志の強さに飲み込まれるんじゃないか。」

ーー藤田選手はベテランの幅の広さがある。デスマッチも含めて

浅川「そうやね。それを自分も体感したいというか。藤田ミノルの言葉だけじゃなくて、身体、戦いの中で色々感じるものはある。決勝戦で会おうとだけ…」

ーー藤田ミノルの攻略法は考えてる?

浅川「試合をこの間のトーナメント戦でしか見ていないからな。丸め込みにさえ注意しとけば。多分それだけじゃない。あの人のプロレスは凄く奥深い。でもって技も凄いキレてる。なので攻略法というと、自分の信念を曲げないということくらい。」

ーー藤田選手は引き出しが多いのでそこを封じ込めるよう気を付けないと

浅川「そうやね。自分が折れないように…だけ。」

ーー浅川選手はぶっ潰す、直球の戦いをしていく?

浅川「そう。それの方が相手にも気持ちが伝わるし、見ている客にも気持ちが伝わる。自分の戦い方、考え方はそこまでぶれてこなかったので、それを表現して戦いの中でプロレスの中で見せていけたら。」

ーーこの日は優勝の為には2試合戦わなければならずハードなスケジュールだが、初代王者へのモチベーションは高い?

浅川「モチベーションは高い。勝つのは当然俺だけどな…」

ーーちなみに浅川選手のスポーツ歴は?

浅川「柔道だけ。」

ーージャケットマッチとか実験的にチャンピオンになったらあり?

浅川「道着を着て?イケメン二郎みたいに(笑)?」

ーー新しいチャレンジみたいなものもあり?

浅川「それでタイトルマッチというのはないな…プロレスをやってるからにはそこまで柔道着は着たくない。」

ーー柔道時代の思い出は?

浅川「レギュラーになりたくて。レギュラー争いが凄い過酷やったんや。もう本当に部員が30名、40名いる学校で。そいでレギュラー争いで3年生の最後の夏に校内予選みたいな形で決勝までいったんやけど、まさかの1年生の後輩に負けてしまうという。そいで道場をパッと出てトイレでむせび泣いて…という甘酸っぱい青春もあったな…」

ーープロレスラーになって柔道の肉体づくりや技術などの経験は役に立ってる?

浅川「技術も役に立ってるけど、何よりも精神面が一番。自分の世代で「水飲むな」のやつがあったから。真夏で道場閉めきった中でやったり。」

ーー精神的なトレーニングを課していた?

浅川「まぁそうだろう。凄い過酷な状況でもどんな試合でも諦めることもなかったし、体力だけは本当に無茶苦茶あったから。やっぱりそれはプロレスにも活かされてるし。プロレスでどんなに困難なことがあっても「あの高校生の時以上のものはないな」って。あれがあるから諦めない心がついた。」

ーーそういう経験が今のプロレスにつながっていると

浅川「間違いない。」

ーー柔道の思い出が一番強い?

浅川「柔道の経験が一番強い。後の学生時代はちゃらんぽらんなんで(笑)無茶苦茶、先生に怒られてた。」

ーー今はTempestをまとめるリーダーとなって色々と巻き起こさないといけない立場であるが

浅川「自分はプロレス界に入るまでに25年間かかってる。25年で培ったものは凄く大きいので。そこらへんのプロレスラーよりも知ってることも多い。これからTempestと2AWをまとめて先導していくのは自分だと自負している。今回のチャンピオンシップも獲って、実質自分がトップやと示したい。」

ーーベルトを獲って名実ともにトップに立って団体内でやりたいことは?

浅川「団体内では思いつかない。もっともっと対外試合というか、他団体との交流、対戦を望んでる。」

ーーこの人とやりたいという選手は?

浅川「BASARAの中津良太、大日本の橋本和樹と凄くやりたい。」

ーー中津選手とは今度タッグを組む予定があるが?

浅川「どういう経緯でうちの団体、うちのユニットと組むかはわからんが。こないだも自分と中津でタッグを組んでやったけどまぁ合わんくてね(笑)まず自分は前々から思っていたんだけど、中津とは絶対に対角線上にいる存在だと。絶対にタッグで交わるようなことはないと思っていたんだけど。そういう機会がこの前あったんで。やったけど全く合わんくて…んでまたTempestに絡んできたんだろ?中津から絡んでるのか団体がそうしろといってんのか知らんけど。あんまりこっち側に立って欲しくない。」

ーー滝澤選手のTempest入りはビックリした。いつ頃から勧誘を?

浅川「裏で話は通していた。滝澤もあのキャラクターをどうにか出して欲しかった。自分の気持ちでもあったんよ。なんかお客さんに媚びてるじゃないけど、そういう姿勢がなんとも嫌で。ココだけの話、1月の後楽園大会で自分が滝澤大志からチャンピオンベルトを獲った時、後楽園ホールの切り替えの時間が迫ってて、メインイベンターのくせに俺と滝澤だけ会場外に出されたんよ。階段の踊り場で着替えさせられて…マジかと思って。めっちゃしんどいやんけって思って。でもその時に控室は絶対違うのに俺らは出されて。もう控室がどうのこうのじゃなくてその場しかなかったんで。ちょっとだけ話したんや。まぁそこで「チャンピオン頑張れよ」とか言われたんだけど。「オマエも頑張れよ」と(笑)そこでちょっと心を交わしたかな。でそのまま引き抜いたって感じ。」

ーーいいきっかけになったと思う。滝澤選手もいい意味で吹っ切れないと、プロレスラーの中で更なる高みに行くためにも。意外性が大事だと思うので今後の滝澤選手のTempest入りは面白いなと

浅川「そうやなぁ。よくわかっとるな。」

ーーTempestとして今後は各団体に出ていくとか、逆に引っ張ってきてというのも面白いかなと

浅川「そうやな。そういうのも面白いな。」

ーー9.1後楽園の他の試合については?

浅川「他の試合は別に大したことない。」

ーー千葉6人タッグについて見所は?対抗戦でもあるが

浅川「自分も以前のみちのくプロレス新木場大会で千葉6人タッグに挑戦したんよ。自分と本田、最上で。それでも向こうのヤッペーマンズとラッセの連携の良さにやられてしまった。あとねこの9月1日の後楽園大会、十嶋くにおが復帰するということで。みんな、十嶋くにおを舐めてると思うけど、あんま舐めない方がいいよ。無茶苦茶、実力者なんで。わかるヤツはわかると思うけど。」

ーー十嶋さんはクレイジーな動きをするのでファンとしては「どっちが本当の十嶋さんなの?」と戸惑います。でもきらりと光るテクニックがあるので通なファンには届くのではないかと

浅川「それが出るかもしれん。みちのくプロレスでヤッペーマンズとムーの太陽で、ずっとごちゃごちゃしてるだろ。うちのベルトで遊んでないで十嶋くにおのタッグでパッと獲って欲しい。」

ーーみちのくとはここでケリをつけたいと

浅川「そうやね」

ーー今日は貴重な話をありがとうございました。

大会名 GRAND SLAM in 後楽園ホール
日程:2019年9月1日(日)
開場時間10:45 開始時間11:30

2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント 決勝戦
準決勝戦の勝者
vs
準決勝戦の勝者

2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント 準決勝戦
藤田ミノル(フリー)
vs
吉田綾斗

2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント 準決勝戦
タンク永井
vs
浅川紫悠

千葉6人タッグ選手権試合
王者 みちのくプロレス8.24王座戦の勝者
vs
挑戦者 本田アユム&最上 九&十嶋くにお
※8月24日(土)みちのくプロレス新木場大会で行われる千葉六人タッグ選手権試合《王者組》ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号&ラッセ vs 《挑戦者組》ザ・グレート・サスケ&バラモンシュウ&バラモンケイの勝者組と王座戦を行う。

滝澤大志復帰戦 タッグマッチ
梶トマト&さとうゆうき
vs
滝澤大志&中津良太(BASARA)

タッグマッチ
バンビ&進垣リナ
vs
笹村あやめ&林亜佑美(アクトレスガールズ・Color’s)

8人タッグマッチ
ダイナソー拓真&チーバヤン&ラトレル・アプトン&CHANGO(フリー)
vs
リッキー・フジ&旭志織&大和ヒロシ(フリー)&花見達也

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事