【大日本】8.25 名古屋大会 全試合結果 オルカ宇藤はデスマッチヘビーでイサミに挑むも敗北!ストロングヘビーは佐藤耕平が岡林を破り15代目王者に!エルガンは連日の勝利!大仁田は小鹿と組んでアジアタッグを目指す! 

【大会名】「Death Mania Ⅶ」愛知・名古屋国際会議場イベントホール大会
【日時】2019年08月25日(日)
【観衆】910人【超満員】

メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
蛍光灯オブジェ、先に3個割っても勝ちデスマッチ 30分1本勝負
【第38代王者】木髙イサミ〇 vs 【挑戦者】オルカ宇藤●
13分36秒 ギガラダーブレイク→片エビ固め
※蛍光灯を破壊した数【イサミ2-宇藤2】
※2度目の防衛に成功

セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第14代王者】岡林裕二● vs 【挑戦者】佐藤耕平〇
16分28秒 二段階式ジャーマン・スープレックスホールド
※3度目の防衛に失敗
※佐藤耕平が第15代王者となる

第7試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
関本大介 野村卓矢● vs マイケル・エルガン〇 望月成晃
16分47秒 エルガンボム→体固め

第6試合 大熊元司メモリアル~スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
グレート小鹿〇 大仁田厚 vs 青柳政司● 高橋匡哉
7分54秒 横入り式エビ固め

第5試合 デスマッチ国際会議~GCWスタイルライトチューブ+α4WAYデスマッチ 30分1本勝負
佐久田俊行〇 vs G・レイバー vs マーカス・クレイン● vs ジミー・ロイド
11分0秒 雪崩式不知火with蛍光灯→片エビ固め

第4試合 ハードコアタッグマッチ 30分1本勝負
ドリュー・パーカー 石川勇希● vs 星野勘九郎 植木嵩行〇
9分40秒 イスへのデスバレーボム・ホールド

第3試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
アブドーラ・小林〇 ツトムオースギ バナナ千賀 vs 伊東竜二 バラモンシュウ バラモンケイ●
10分8秒 源之助クラッチ

第2試合 8人タッグマッチ 20分1本勝負
浜亮太 中之上靖文 菊田一美 佐藤孝亮● vs 橋本大地 神谷英慶 加藤拓歩〇 兵頭彰
8分28秒 ブリザード・スープレックスホールド

オープニングタッグマッチ 15分1本勝負
フランク篤 青木優也〇 vs 関札皓太 森廣祐基●
8分37秒 逆エビ固め

大仁田厚、G小鹿との“令和極道コンビ”でアジアタッグ獲りを表明!旧ベルト復活も要望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事