アントニオ猪木氏がモンテローザの「ラグビー応援!元気ですかー!!」キャンペーン記者発表に登場!久々のビールに「娑婆に出てくるといいですね(笑)」妻の田鶴子さんについては寂しさ隠しきれず…

2日、都内・モンテローザ本社にてアントニオ猪木氏が「ラグビー応援!元気ですかー!!」キャンペーンの記者発表会に登場した。

登場するや「元気ですかー!?」と叫ぶも「ちょっと元気がない…」と苦笑い

猪木氏は8月27日に2017年より結婚していた専属カメラマンであり妻の田鶴子さんを亡くしたばかり。田鶴子さん逝去の翌日に「さんまのまんまSP」の収録があり「流石に翌日、お笑いの番組もきついなぁと思ったんですが…」と生前「もしものことがあっても猪木のスケジュールは変更しないで。お仕事に迷惑はかけないで」と言い残していた田鶴子さんの意志を尊重して気丈に収録に臨んだことを独白。

その田鶴子さんのことを尋ねられると「最近、旅立たれてしまってね…」と淋しそうに語った。

「ラグビー応援!元気ですかー!!」キャンペーンは、モンテローザグループ(白木屋、魚民、笑笑etc.)の全国約1500店舗で、9月20日から開幕するラグビーW杯日本大会のワールドワイドパートナーを務めるハイネケンとのコラボ企画として、3日から11月2日まで2カ月間開催。「アントニオ猪木コラボメニュー」として「アントンリブ」をアレンジした料理「最強のスクラム闘魂バックリブ」を含む8点を食べることが出来る。

64年にアメリカに行った時にリブに出会ったといい、その美味しいリブを皆さんにも楽しんでもらいたいと思い持ち帰ってきたエピソードを話した。

巨大なリブにかじりつく猪木氏。「人気出ますよ」とその美味しさに太鼓判を押した。

どんな時に居酒屋にいくか尋ねられると「失恋した時です(笑)」と語った猪木氏

「しばらくアルコールは止められているんだけど…」と言いながらハイネケンのビールをぐびぐびと飲む猪木氏「娑婆に出てくるといいですね(笑)」と笑いを誘った。田鶴子さんと一緒に入院していたことも明かした。

最後は恒例の儀式ということで取材に訪れた記者に闘魂注入した猪木氏

「なんでも好きなことに夢が叶いますように…いくぞっ!!」バチーンと叩かれた記者は

「ラグビーW杯、日本代表が優勝しそうな気がしてきました!」と感謝を述べた。

猪木氏の元気がラグビーW杯の日本代表の躍進に届くことを祈りながら闘魂バックリブを食べにモンテローザグループに飲みに行きたい。例え失恋をしていなくとも…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事