【WWE】KUSHIDAとUK王者ウォルターの因縁勃発

KUSHIDAの対戦相手としてデンゼル・デジャーネットがリングに上がると、突如、WWE UK王者ウォルター率いるインペリアムがデジャーネットを襲撃してリングを占拠した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ウォルターが「俺たちのスポーツの名誉と伝統を取り戻すためにここに来た」と話していると、試合を潰されたKUSHIDAが姿を現して「これは俺の時間だ」と言い放つとファビアン・アイクナー、マーセル・バーセル、アレクサンダー・ウルフの3人を蹴散らしたが、ウォルターには捕まって投げ飛ばされてしまう。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに追い打ちを狙うウォルターがKUSHIDAの胸ぐらを掴むも、KUSHIDAは自身の服を脱いでかわして飛び蹴りを放つとウォルターとの対戦を望むようなジェスチャーをしながら会場を後にした。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事