【東京女子】万喜なつみが膝を負傷!右内側側副靭帯の損傷と診断され年内は欠場か!?復帰に向けて周囲からも励ましの声届く

東京女子プロレスに参戦中の万喜なつみが16日の試合中に膝を負傷した。病院で検査を受けた結果、右内側側副靭帯の損傷と診断され、今後の東京女子プロレス及びDDTの大会を欠場することが発表された。試合復帰の時期については、回復の状況と医師の指示を仰ぎ、改めて報告するとのこと。

万喜なつみは2015年にActwres girl’ZのBeginningでデビュー。各団体に参戦しながらプロレスの経験を積み、2018年末にアクトレスガールズを退団することとなった。2019年以降は東京女子プロレスに参戦し、主に乃蒼ヒカリとのタッグで活躍。8月25日、後楽園ホール大会でジゼル・ショーとの死闘の末に初代インターナショナル・プリンセス王座を獲得。自身初のベルト戴冠となった。

まなせとの防衛戦は初のベルト防衛戦であると共に、女子プロレスデビュー戦でぶつかりあい姉妹のように仲の良い者同士の熱戦が期待されたが、残念なことに試合中に負傷となりベルトも奪われてしまう形となった。

以降の試合は欠場となり、9.23東京女子板橋では松葉杖をつきながら登場。怪我の状況を話し、2日後に手術予定であることを明かしている。

 


また万喜なつみの周囲の選手からも励ましの声が数多く届いている。

 

万喜なつみの元気な姿での復活に期待したい!ガンバレ万喜なつみ!負けるな万喜なつみ!怪我を治してまたリングの上でなつぽいスマイルを爆発させて欲しい。

【東京女子】9.16 両国KFC まなせゆうなが万喜なつみから勝利しインターナショナルプリンセス2代目王者となる

【東京女子】8.25後楽園 万喜なつみがインターナショナルプリンセス初代王座を戴冠!プリンセスタッグはNEO美威獅鬼軍が防衛!伊藤麻希は瑞希に敗北し名脇役目指す!全試合結果

【プロレスTODAY増刊号】東京女子プロレスに参戦中の万喜なつみ選手が登場!8.25後楽園でインターナショナルプリンセス初代王座戦に臨む意気込みを語る!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事