【WWE】KUSHIDA勝利もウォルターが襲撃KO

◆KUSHIDA勝利もウォルターが襲撃KO

KUSHIDAが因縁のWWE UK王者ウォルター率いるインペリアムと6人タッグ戦で激突した。

1人リングに登場したKUSHIDAは先週のNXTで自身の試合を潰したインぺリアム・メンバーのファビアン・アイクナー、マーセル・バーセル、アレクサンダー・ウルフの3人と対峙。

すると当日まで明かされていなかったKUSHIDAのパートナーとしてタイラー・ブリーズ&ファンダンゴのブリザンゴが登場した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、KUSHIDAはドロックキックを放ったものの、アイクナーにスパインバスター、ウルフにジャーマンスープレックスを食らって劣勢の展開。さらにブリーズがバーゼルに捕まるとインペリアム3人に集中砲火を受けてしまう。

しかし、ブリーズが延髄斬りで打開すると、交代したファンダンゴがトペ・コンヒーロで3人を蹴散らして躍動。続けてKUSHIDAもアイクナーとウルフにハンドスプリング・ニールキックを決め、バーゼルにはマサヒロ・タナカを放つと、最後はバーゼルを丸め込んで3カウント。

KUSHIDAが劣勢を跳ね返して6人タッグ戦で勝利を収めた。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にこの勝利を喜ぶKUSHIDAだったが、突如ウォルターがKUSHIDAの顔面にビックブーツを放って襲撃すると不意打ちを食らったKUSHIDAは大の字で撃沈してしまった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事