【WWE】ベッキー・リンチが死闘セル戦制して王座防衛!

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間10月6日にカリフォルニア州サクラメントのゴールデン1センターにてPPV「ヘル・イン・ア・セル」が開催された。

王者ベッキー・リンチが“ザ・ボス”サーシャ・バンクスとロウ女子王座をかけたヘル・イン・ア・セル戦で激突した。

前回の王座戦が反則裁定となった2人は完全決着すべく過酷な金網戦で激しい攻防を展開。ゴング前からサーシャがエルボーで先制して金網にベッキーを叩き付ければ、ベッキーもドアロック用のチェーンで殴り掛かって反撃した。

さらにベッキーはベックスプロイダーでサーシャを金網に叩き付け、パイプ椅子ごとミサイル・ドロップキックで吹き飛ばせば、サーシャも竹刀連打やバックスタバーからダブル・ニーでベッキーをテーブル葬にして応戦。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

金網の中で2人の攻防がエスカレートすると、最後はベッキーが雪崩式ベックスプロイダーからディスアーマーでサーシャを仕留めてタップ勝ち。

サーシャはリマッチでも王座に届かず、ベッキーが死闘を制して王座防衛に成功した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事