【東京女子】うなぎひまわりが左肘の脱臼・靭帯の損傷で手術が必要と診断、復帰は来年以降の見込み

現在、ケガで欠場中のうなぎひまわりの検査の結果が団体より発表された。

左肘の脱臼、及び靭帯の損傷で手術を行う為、復帰時期は来年以降になるとの事。

以下、リリースより

うなぎひまわり選手ですが、10月5日新木場大会の試合中、左肘を負傷。病院で検査を受けた結果、左肘の脱臼、及び靭帯の損傷で手術が必要と診断されました。今月中に入院、手術をおこないます。これにより当面の試合をお休みさせて頂きます。

試合復帰の時期については来年以降となりますが、回復の状況と医師の指示を仰ぎ、改めてご報告させて頂きます。

また本人の希望により、10月13日大阪大会、10月14日岡山大会、10月19日両国KFC大会には来場し、物販などに参加致します。

ファンの皆様には、ご迷惑とご心配をお掛けする事をお詫び申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事