【スターダム】11.4後楽園大会に向けた記者会見!星輝は白いベルトをかけジェイミーにリベンジ戦!岩谷は赤いベルト王者のビーに挑戦!

1日、東京・スターダム道場にて後楽園ホール大会に向けた記者会見が行われた。

5★GPでジェイミー・ヘイターに初黒星をつけられた星輝は今度は白いベルトをかけて対戦。

現在無冠の岩谷は赤いベルトを持つ最強TOP外人のビー・プレストリ―に挑戦。

スターダムのシングル最高峰のベルトをかけた戦いが外国人vsSTARSの日本人対決となる。

STARDOM BEST OF GODDESS2019
11月4日(祝)後楽園ホール 11:30AM

<決定カード>と各選手の試合への意気込みは下記の通り

◆3WAYバトル 10分1本勝負

ゾーイ・ルーカス vs 吏南 vs 妃南

ゾーイ「今回のカード、吏南と妃南との3WAY、吏南と妃南は姉妹だけど私はTCSのメンバー。そこに吏南が入って楽しみ。ただ一つ言えるのは私の方が強いということ。私が勝つ」

◆タッグリーグ・スペシャル 3WAYタッグ 15分1本勝負
中野たむ&鹿島沙希 vs 木村花&ボビー・タイラー vs 夏すみれ&“セッション・モス”マルティナ

マルティナ「後楽園ホールは乾杯祭り。クイーンズ・オブ・乾杯。私たちはビール持ってくる。アナタ達も持ってきたら?眠いんで寝ます」

ボビー「どのチームが一番強いか競いましょう?犠牲になってもらうわ。来てくれたから許してあげる。私達で彼女を倒しましょう」

「折角の後楽園ホールなのに、なんで私が3WAY?しかも相手もこんなしょぼくれ…」

中野「しっかり勝って(岩谷)麻優さんのベルト挑戦に勢い付ける」

鹿島「たむちゃんもSTARS。たむちゃんが星輝応援しないと言うから自分が2人を応援する。星輝と岩谷麻優ちゃんを応援します」

◆タッグリーグ戦公式戦 ブルーゴッデス 15分1本勝負
花月&アンドラス宮城 vs 飯田沙耶&上谷沙弥

上谷「想像以上に先輩の壁は厚い。ですがやられた分だけ、足りてなかったプロレスラーの自覚がふつふつと湧いてきている。自分の中でなりたいプロレスラー像がある。今回タッグリーグでほんの少しでも爪痕が残せたらと新技を用意しました。その新技は自分のなりたいプロレスラー像の一歩目。楽しみにして欲しい。全力で頑張る」

飯田「自分たちはまだまだ力不足。到底及ばないかもしれないけれども、未熟だから可能性は∞(無限大)」

アンドラス宮城「フィクサーはまっすぐで素直な奴。まっすぐで素直。後は…何にもいらない。必要がないからだ!」※アンドラス宮城はそう叫んで退出

◆タッグリーグ戦公式戦 レッドゴッデス 15分1本勝負
ジャングル叫女&小波 vs 葉月&刀羅ナツコ

刀羅ナツコ「去年は皮肉なことにこのベルトをもって座っていた。1年は早い。色々変わる。タッグリーグ中なのに、ゴッデスの王者が話題になってないなと。自分達が1番この試合を盛り上げたい」

葉月「相手も相手なので、今回はナツコに全てを任せたいと思いまーす」

小波「今年のタッグリーグかなりヤバい。私達チャンピオンなのにまだ1勝。勝ちにこだわっていく。なんとしてでも勝つ。あの技で…あの技を出せれば勝てる。隙をついてあの技をいかに出せるかにこだわる」

ジャングル叫女「(小波に)最後まであの技(トライアングルランサー)でいくとは…簡単に言ったね。私が思っていることとナツコが思っていることが一致していると思い変な気持ち。勝って当たり前のこのリーグ。自分達がいかに狙われているかを試合の度に思う。これ以上負けたらタッグリーグ後に何人の選手と防衛戦をしないといけないかと思うので、これ以上負けられない。ナツコとも沈黙状態だったのでここでガッツリ戦いたいと思う」

◆タッグリーグ戦公式戦 レッドゴッデス 15分1本勝負
里歩&スターライト・キッド vs 渡辺桃&AZM

渡辺桃「見てわかるように誰もいない。ももあずタッグはまだ1度も勝てていない。かなりヤバい。期待に応えられてないのが悔しい。(相手は)アイドルタッグですか?キラキラしたタッグで潰しがいがある。(この試合の)メンバーはハイスピードな人ばっかり。自分だけ場違い感。自分も昔はハイスピード目指していた。この中では私が一番パワーがあるので私はパワーで勝っていく」

◆ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
<王者>星輝ありさ vs <挑戦者>ジェイミー・ヘイター

ジェイミー「(星輝に)いくつか言いたいことがある…
1.準備はできてるの? 2.バカな考えを消しなさいよ 3.私が再びあなたを倒す
前回の5★GPで私があなたに最初に土をつけた。今度はベルトをかけて戦う。だからあなたはもっと真剣に考えた方がいい。7分か8分で5★では勝った。もっと真剣にジェイミー・ヘイターを倒す方法を考えたほうがいい。ガンバレ~」

星輝「今回、防衛したら7度目になる。前、白のチャンピオンの渡辺桃が13回防衛している。私はその折り返し地点。最多防衛を目指しているので、13回以上の防衛に行くにはこの強敵を倒してから。3ついいたいことをいっていたが5★で1番最初に負けているので悔しい。自分は5★をやる中で色々学んでいて、それを活かしていこうと思う。今まで自分のやってきたこととかをジェイミーはそれでいいの?と言っているがちゃんと考えているので大丈夫です」

――新体制になって最初のタイトルマッチとなるが、何か思うところは?

星輝「個人的には新体制だからといって大きく変えてやろうぜとは思ってない。自分のこれまでを信じて自分のプロレスをやる」

◆ワールド・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
<王者>ビー・プレストリー vs <挑戦者>岩谷麻優
※ビー・プレストリーは6度目の防衛戦

岩谷「現在無冠の岩谷です。今回赤いベルトに挑戦できるということで、自分は最初に巻いた時は3度目の正直で負けた。そこでヒジを脱臼してレフェリーストップで中途半端に終わって悔しい思いしかこのベルトにはなかった。またこうやって挑戦できることは嬉しい。この赤いベルトを失ってから3回目の挑戦。1度目はトニーストーム、次に花月、で今回が3度目。3度目の正直でこのベルトを奪って、あの日の続編、ドラマをみんなに見てもらいたいと思います。ビーは身長もパワーもスピードもあり滅茶苦茶強い。そう簡単ではない。自分は今年の初めに大きい舞台があって、そこから静寂した部分もあり、このベルトを獲って下半期を盛り上げたい」

ビー「岩谷と私は世界で最もリスペクトされているレスラーの戦いとなる。あなたを尊敬していないわけではないが…過去2年で怪我をしている1回目はヒジ、2回目はヒザ。また怪我をするだろう。あなたはもうこれ以上メインの素材ではない。尊敬はしているが私を倒すのに何が必要かわかる?麻優あなたはファンタスティック、スピードと才能がある。でも私はそれ以上のパワーも能力もストロングスタイルも持っている。選手も含めて周りは私を応援しないかもしれないけど、時代は変わっている。これが新しい時代。これがスターダムの未来。時代の変換期。これからのリストに岩谷の名前はない。その日の試合が終わった時には私の女王の膝にひざまつくだろう…」

――岩谷選手、“あなたは過去”と言われたがどう思うか?

岩谷「自分は過去だと思ってないし、バリバリまだ最前線に立っていたいという気持ちしかない。初期からいるメンバーなので過去と思われるかもしれないけれども・・・今は今。上に立っていたいという気持ちはある。要は目立ちたがり屋。まだまだ過去の女になる気はない」

星輝は5★のリベンジを果たせるか?岩谷はビー・プレストリ―の勢いを止めることはできるのか?注目の試合は11.4後楽園ホールで行われる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事