【WWE】王者レスナーが「スマックダウンを辞める」怒りの決断

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間111日、ニューヨーク州バッファローのキーバンク・センターでスマックダウンが開催された。

WWE王者レスナーが「スマックダウンを辞める」怒りの決断

“ザ・ビースト”ことWWE王者ブロック・レスナーと代理人ポール・ヘイマンがスマックダウン・オープニングに登場した。

前日のPPV「クラウン・ジュエル」でレスナーはケイン・ヴェラスケスとの9年越しのリベンジ戦に勝利して王座防衛するも、セコンドのレイ・ミステリオがパイプ椅子で襲撃。

この状況にヘイマンはレスナーは怒っている。ヴェラスケスを倒したのに問題が起きた。ビンスにミステリオをスマックダウンに連れてくるよう要請したが、ロウだから無理だと言われた」と状況を説明。

続けてヘイマンはレスナーはスマックダウンを辞めてミステリオの報復のためにロウへ行く」と怒りの決断を明言するとマイクを投げ捨ててリングを後にした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事