【WWE】中邑&ゼインがブライアンの勧誘に失敗

現地時間11月15日、ペンシルベニア州フィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターでスマックダウンが開催された。

◆中邑&ゼインがブライアンの勧誘に失敗

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔&サミ・ゼインが仲間にしたいダニエル・ブライアンの勧誘に失敗した。

バックステージでゼインは「これまで勧誘オファーをしてきたが、君は黙ったままだ。今日返答がほしい」と急かすと、続けて「君には俺たちが必要だ。そして俺たちもブライアンに一緒にいてほしいんだ」と中邑と共に熱心に説得した。

するとブライアンは「それならなぜ“ザ・フィーンド”ワイアットが襲ってきた時に逃げたんだ?」と先週の襲撃に関して問いただすと、戸惑うゼインはしどろもどろ。

これにブライアンは「俺にゼインの助けは必要ない。仲間にはならないよ。仲間にするならストローマンがいいと思う」と告げて勧誘を断った。

さらにそのストローマンが中邑&ゼインの前に登場すると、ゼインはストローマンを睨みつける中邑を引っ張りながら、ごまかすようにその場を後にした。

勧誘に失敗した中邑は自身のツイッターで「ブライアンと試合する日がくることを心から望んでいる」とブライアンに対しての想いを投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事