【W-1】近藤修司インタビュー「好きでもない先輩と組むことで何が生めるかなという期待はある」 CIMAとのタッグ結成の真意とは?

『W-1 TAG LEAGUE 2019』に征矢学とのタッグで出場していた近藤修司。最後の公式戦となった11月11日の新木場1stRING大会で吉岡世起&エル・リンダマン組に敗北し、リーグ戦はまさかの全敗に終わってしまった。試合後、征矢とのタッグ解消を宣言した近藤は、新たな刺激を求めて因縁浅からぬ#STRONGHEARTSのCIMAとのタッグ結成をぶち上げた。さらに副社長としての権限で、11.27後楽園ホール大会で芦野祥太郎&黒潮“イケメン”二郎とタッグマッチで試合をすることも決定してしまった。果たして、CIMAとタッグを結成する真意とはなんなのか? 話を聞いてみた。

 

──征矢さんとのタッグでタッグリーグを闘ってきましたけど、残念な結果に終わってしまいましたね。

 

近藤 そうね。全敗だからね。しかも、征矢と組んでの全敗だから。

 

──お二人の実績を考えるとこの結果は非常にまずいですよね(笑)。

 

近藤 まずい。しかも、全敗するにしてもプロレス的に何も生めなかったっていうのがダメ。あいつと正式にタッグを組むのは初めてだったんだけど、何かが生まれるって期待してたから。彼も生もうとしてるけど、何も生めないじゃん? でも、生もうとチャレンジしている。それでも何も生まれなかった。結果も全敗だったし、それが現実だよね。もう上がっていたモチベーションが下がったよ。じゃあ、征矢とのタッグを解消した先に自分自身、何があるのかなと。今、他団体に呼んでもらったりしてるんで精力的に出ているんだけど、W-1が小さくなっているのを感じるんだよ。だって、俺がでかくなっているわけがないんだから。俺が有名になって、実力がついて、ここで押さえきれなくなって外に出るっていうパターンじゃないじゃない?

 

──それをやるのはもう少し若い世代の選手ですよね。

 

近藤 そうそう。イケメンとかがそのパターンだよね。年齢的にもやりたいことがある。でも、俺はそういうんじゃないから。今までのキャリアやストーリーがあるから呼ばれるんであって、そこに出ることによって俺が成長しているわけじゃないからね。そこにW-1のスケール感が小さくなっているのを感じるんですよ。初期の頃は武藤さんがいて、船木さんがいて、稔さんがいて、金本さんがいて、他団体の選手もたくさん出ていた。プロレスファンだったら誰でも知っているような名前の選手が揃っていたんですよ。じゃあ、今のウチの選手でプロレス界で知られている選手ってどれぐらいいるのって考えると、やっぱりスケールは小さくなっているよね。

 

──団体がそういう状況にある中で近藤選手が仕掛けたのがCIMA選手とのタッグということですか?

 

近藤 そう。自分自身で枠を飛び出そうという気持ちが大きくなって……というか自然とそうなったんだろうね。何が生まれるかわからないけど、何かが生まれるなら#STRONGHEARTSと絡もうかなと。今まで組んだこともない、好きでもない先輩と組むことで何が生めるかなという期待はあるよね。結果として仲良くなっても、ケンカになってもいいしね。リング上でも言ったけど、この1年、#STRONGHEARTSから刺激っていうことを言われ続けてきて、その大事さは俺もわかってるから。その#STRONGHEARTSの刺激もウチの団体ではなくなりつつある。じゃあ、内側から刺激を作るのも手かなと思っているんですよ。でも、征矢とのタッグではそれに失敗したと。

 

──征矢選手とでは刺激を生めなかったけど、じゃあ現在W-1のリングで刺激を生めるのは誰かと考えると、やっぱりCIMA選手になるということですか?

 

近藤 それしかないですよね。ただ、先のことは何も考えてないんだけど。

 

──まずは組んでみるということですね。

 

近藤 うん。芦野&イケメンというこれから何かを作らなければいけない世代が相手になったわけだし、それをW-1の選手に伝えたいっていうのもあるよね。ただいい試合をしたって今の時代は評価されないから。いや、昔からそうだよね、プロレスって。勝った負けたよりも、そこから何が生み出されたかっていうほうが結局歴史に残るじゃない。

 

──試合がゴールじゃなくて、スタートみたいなところはありますからね。

 

近藤 そうそう。そこをウチの若い連中は勘違いしているのかもしれない。というか、まだキャリア的にそこまで至ってないんだろうね。今は一生懸命いい試合をする方向にしか向いていない。でも、プロレスはそれだけじゃないんですよ。変化を求めてもらいたい。多分、変化をしなければ楽なんですよ。その場にい続けるのは楽。でも、楽な場所って刺激がないし、自分から積極的に刺激を求めに行ってもらいたい。それが変化を求めるということでもあるから。若手のくせに何を40代や50代のような顔をしてプロレスやってんだよって言いたいよ。

 

──というふうに若い選手が見えます?

 

近藤 うん、見える。ただ、そこは教えてきてない部分でもあったからね。特にウチの団体は今、かなり内々になっているよね。マスコミとかもあまり取材に来てくれないでしょ? 某新聞にも見向きもされないし。本来はそことも闘っていかないといけないし、いろんなメディアに働きかけて取り上げもらえるようにしないといけないんだけど、それができない状況だと結局内に内に入っていっちゃうから。それが現状だし、スケール感の小ささになっているのかもしれない。そこの部分を教育する意味合いもあるかもしれないね。

 

──では、今回、CIMA選手とタッグを組むことで、自身が先頭に立って「こうやるんだよ」っていうのを見せようということですか?

 

近藤 というのもあるかもしれないし、自分自身に何かっていうのもあるし。

 

──ちなみにこれまでCIMA選手とコミュニケーションを取ったことはあるんですか?

 

近藤 全然ない。現状が全然わかんない。

 

──W-1のリングで闘った以外では接点もないわけですよね?

 

近藤 全くない。何を考えているのかもわからないし。

 

──それこそまともにしゃべったのもドラゴンゲート時代からないんですかね?

 

近藤 それすらもないんじゃない? だって、結構先輩だからね。へたしたら社長と平社員ぐらいのレベルで離れてるから。当時だと本当に上の上の人なんですよ。団体のトップであり、ウチで言えば武藤さんだから。あっちは1期生で俺は8期生だからね。かなり離れた存在だよね。

 

──なるほど。でも、W-1に上がるようになったCIMA選手についてはどのように見ているんですか?

 

近藤 変わったでしょ。俺も変わったんじゃないかな。だって、あの頃はみんな20代だからね。20代がトップを張って、下も20代。ほぼ全員20代の団体だったから、みんなギラギラしてたよね。でも、今は俺たちは40代だからさ(笑)。

 

──あの当時のギラギラ感がなくなって、落ち着いちゃったところがありますか?

 

近藤 というより視野が広がるからね。物事がわかるようになるし。それがオッサンのつまんないところだと思うんだけどね。どうにもならないことは諦めるし。20代の頃ってどうにもならなくたってあがくでしょ? それでドラゴンゲートを辞めたんだから(笑)。どうにもならないから辞めてやるって。今はそんなことを選択しないでしょ。どうにもならなかったら諦めるよね。それぐらい変わった。彼もそうなんじゃない? 今までずっと同じところで一人で踏ん張ってきたけど、今は外に出て世界がわかるわけじゃん? いろんなことを勉強していると思うよ。それがキャリアを積み重ねるっていうことだから。

 

──そういうお互いに大人になって組むタッグって楽しみですか?

 

近藤 今じゃないと組めないからね。ちょっと前だったら絶対に無理。デビューして一切組んだことがないし、ずっと対角線で闘っていた存在だから。でも、そこで何かが生まれるかもしれないっていう期待があるから組むわけで、それは楽しみだっていうことになるのかな? まあ、当日になってみないと俺もわからないね(笑)。

 

ー大会詳細ー

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2019 AUTUMN BOUT」11.27東京・後楽園ホール大会

 

【日時】

2019年11月27日(水)18時30分試合開始/17時40分開場

 

【場所】

東京・後楽園ホール

 

【対戦カード】

▼タッグマッチ30分1本勝負

芦野祥太郎&黒潮“イケメン”二郎 vs 近藤修司&CIMA(#STRONGHEARTS)

 

▼『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2019』優勝決定戦 時間無制限1本勝負

【Aブロック1位】T-Hawk(#STRONGHEARTS)&入江茂弘(#STRONGHEARTS) vs 【Bブロック1位】羆嵐&レネ・デュプリ

 

▼ペガソ・イルミナル試練の5番勝負第3戦!スペシャルシングルマッチ30分1本勝負

ペガソ・イルミナル vs ヒート

 

▼パンテーラファミリー集結!スペシャル6人タッグマッチ30分1本勝負

カズ・ハヤシ&アンディ・ウー&MAZADA vs エル・パンテーラ&エル・イホ・デル・パンテーラ&パンテーラJr.

 

▼タッグマッチ30分1本勝負

河野真幸&アレハンドロ vs 征矢学&エル・リンダマン(#STRONGHEARTS)

 

▼6人タッグマッチ30分1本勝負

頓所隼&一&タナカ岩石 vs 吉岡世起(#STRONGHEARTS)&鬼塚一聖(#STRONGHEARTS)&アレックス・ゼイン(#STRONGHEARTS)

 

▼タッグマッチ30分1本勝負

土肥孝司&本田竜輝 vs 児玉裕輔&新井健一郎

 

▼シングルマッチ30分1本勝負

仁木琢郎 vs 馬場拓海

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事