【W-1】T-Hawkインタビュー「羆嵐&レネはラッキーで上がってきたチーム。完成度の違いが出る」 決勝の相手・羆嵐&レネを一刀両断!

入江茂弘とのタッグで『W-1 TAG LEAGUE 2019』のAブロックを全勝で突破し、11.27後楽園ホール大会で羆嵐&レネ・デュプリと決勝戦を闘うT-Hawk。自ら得意と語るタッグ戦線でも存在感を見せ、リーグ戦優勝とW-1タッグ王座奪取の完全制覇に狙いを定めている。

 

──まずリーグ戦を振り返ってみていかがでしたか?

 

T-Hawk 今回初めて入江さんと組んでタッグリーグに出場したんですけど、思ったよりも入江さんとのコンビネーションが自分の中で凄く噛み合っていましたね。どの試合も余裕はなかったんですけど、いい形で勝ち上がっていけたのかなって感じてます。初戦のチャンピオンチームの芦野&児玉に少し余力を持って勝てたと思っているんですよ。それが自信に繋がったのかなと思うんですよね。

 

──確かに初戦は激戦でしたけど、それ以降は余裕に見えましたけどね。特に頓所&ペガソ戦なんかは圧倒しているように感じました。

 

T-Hawk 僕、結構余裕に見せたいタイプなんで(笑)。一生懸命なところを見せたくないタイプなんですよ。熱くはなるけど、どっかに余裕を持っておきたいというか。だから、頓所&ペガソも若いなりにしっかりと考えて試合に臨んでいたと思いますし、あのチームが良くなかったとか言うつもりはないです。基本的に僕は相手のことを試合前にリスペクトし、その上で叩き潰すというスタイルなんで、どのチームも結果的には僕らが勝ちましたけど、試合をしていて楽しかったですよ。

 

──わかりました。そして決勝戦の相手は羆嵐&レネになりました。これは予想通りでしたか?

 

T-Hawk 羆嵐&レネは最後の公式戦で稲葉選手が足を怪我してしまって、煮え切らない形で上がったじゃないですか? だから勝ち上がった感がないんですよ。棚からぼたもちじゃないけど、ラッキーで上がってきたチームですよね。一方、しっかりと3発、どストレートで勝ってきたのが僕らですから。タッグとしての質の高さ、完成度は間違いなくこっちのほうが上だと思っています。体格は間違いなく向こうですよ。パワーもあるし、一発もある。でも、そこをすり抜けていけば絶対に勝てると思っていますね。

 

──なるほど。ちなみに羆嵐&レネの試合は見ていらっしゃいますか?

 

T-Hawk 見てます。大味な試合が多かったですよね。こっちは入江さんはヘビー級とはいえ、動けますから。なんなら僕よりも動きは速いですからね。だから、指示っていうと偉そうになっちゃいますけど、連携とかブレなく動いてくれるんですよ。頭で考えずに動ける部分がタッグって大事だと思うんですよね。アイコンタクトや見ている範囲もそうです。そこに関しては僕らのほうが絶対に上です。つまりタッグとしての完成度の違いが出ると思います。

 

──自然と呼吸が合ってしまうという感じですか?

 

T-Hawk 合わせなくていいんですよ、タッグは。各々がやることが自然と合わさっていく。それがいいタッグなんだと思います。だから、僕が引っ張っているように見えて、入江さんという存在に引っ張られているところもあるんですよ。僕も基本的には「俺が!」っていうタイプなんですが、入江さんも普段はポワーンとしていますけど、リング上の存在感は凄いじゃないですか? 同じチームでも凄く刺激になるんですよね。だから、入江さん効果で僕もいつも以上の動きができてるのかなと思って感謝していますね。

 

──入江選手の動きを見ていて負けてられないなという気持ちが湧いてくると。

 

T-Hawk 相乗効果ですよね。僕のポテンシャルの1.2倍ぐらいにはなっていると思うんですけどね、意識するのは外じゃなくて、内ですから。

 

──#STRONGHEARTS内部に凄い人がいることが刺激になっていると。

 

T-Hawk CIMAもそうだし、リンダマンもそうですよ。みんな僕にないものを持っている人の集まりなんで。試合を見ているセコンドの目とかも気になるし、ただ勝てばいいっていうタッグじゃないですからね。点数をつけるのであれば、80点は下回らないぞっていう気持ちでやってます。

 

──常に内側からも外側からもプレッシャーをかけられている状態だということですよね。

 

T-Hawk プレッシャーがないと成長しないですから。タッグとしての成長もそうだし、リーグ戦だけじゃなくその先も見据えてますからね。

 

──先のことと言うと、新木場大会では予選敗退が決まった芦野&児玉組が出てきて、優勝してタイトルマッチをやろうと呼びかけてきました。

 

T-Hawk 対芦野になると盛り上がりますよね。それは僕もお客さんもなんですけど、良くも悪くもリング上では馬が合うんでしょうね。僕も芦野が対角にいるとパチンとスイッチが入っちゃうんですよ。お客さんにしても、何もアクションを起こさずとも僕と芦野が向かい合うと反応がある。それは気持ちがいいですし、僕だけではそうはならないと思うので、それを持っている芦野も敵ながら凄いなと思いますね。

 

──では、タッグリーグを制覇して、タイトルマッチでタッグ王座を奪取するというのが直近の目標になりますか?

 

T-Hawk そうですね。しばらくタッグのタイトルには縁がなくて、まだシングルのベルトを持っていたイメージのほうが強いと思うんですけど、僕はどっちかって言うとタッグ屋ですから。僕のキャリアの中でタッグのベルトはめちゃくちゃ多いんですよ。自己分析しても誰にでも合わせられるし、それこそ野球部時代のキャッチャーとしての癖ですよね。味方から観察していくんですよ、人の癖とかね。20人ぐらいの宴会に行っても、誰が履いている靴なのかすぐに見破りますからね。

 

──それが入江選手とのタッグにも活きているということですね。

 

T-Hawk だと思います。突進型の入江さんを僕が猛獣を扱うようにコントロールする。そしてオイシイところは持っていくぞ、と。これが僕らのタッグです。

 

──わかりました。それでは最後に決勝戦ではどんな試合を見せたいですか?

 

T-Hawk 優勝するのはもちろんなんですけど、お客さんがリーグ戦を振り返ってみて「#STRONGHEARTSのタッグはふた味ぐらい違うな」と思わせるような試合をしたいですよね。「タッグとは」という試合を見せたいです。

 

ー大会詳細ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2019 AUTUMN BOUT」11.27東京・後楽園ホール大会

 

【日時】

2019年11月27日(水)18時30分試合開始/17時40分開場

 

【場所】

東京・後楽園ホール

 

【対戦カード】

▼第0試合 シングルマッチ30分1本勝負

仁木琢郎 vs 馬場拓海

 

▼第1試合 タッグマッチ30分1本勝負

土肥孝司&本田竜輝 vs 児玉裕輔&新井健一郎

 

▼第2試合 6人タッグマッチ30分1本勝負

頓所隼&一&タナカ岩石 vs 吉岡世起(#STRONGHEARTS)&鬼塚一聖(#STRONGHEARTS)&アレックス・ゼイン(#STRONGHEARTS)

 

▼第3試合 パンテーラファミリー集結!スペシャル6人タッグマッチ30分1本勝負

カズ・ハヤシ&アンディ・ウー&MAZADA vs エル・パンテーラ&エル・イホ・デル・パンテーラ&パンテーラJr.

 

▼第4試合 タッグマッチ30分1本勝負

河野真幸&アレハンドロ vs 征矢学&エル・リンダマン(#STRONGHEARTS)

 

ー 休憩 ー

 

▼第5試合 ペガソ・イルミナル試練の5番勝負第3戦 スペシャルシングルマッチ30分1本勝負

ペガソ・イルミナル vs ヒート

 

▼第6試合 タッグマッチ30分1本勝負

芦野祥太郎&黒潮“イケメン”二郎 vs 近藤修司&CIMA(#STRONGHEARTS)

 

▼メインイベント 『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2019』優勝決定戦 時間無制限1本勝負

【Aブロック1位】T-Hawk(#STRONGHEARTS)&入江茂弘(#STRONGHEARTS) vs 【Bブロック1位】羆嵐&レネ・デュプリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事