【W-1】「俺とイケメンが届けられる最後のファンサービス」 11.27後楽園大会でタッグを結成する2人にQ&A! 芦野祥太郎編

11月27日の後楽園ホール大会で初めてタッグを結成し、近藤修司&CIMA組と対戦する芦野祥太郎と黒潮“イケメン”二郎。イケメンがW-1に在籍していた当時は常に対角線に立ってやり合う間柄だったが、初タッグ結成に際し、お互いのことをどう思っているのか? 2人に同じ質問をぶつけ、Q&A形式で答えてもらった。まずは芦野祥太郎編。

 

Q.イケメン選手の凄いと思うところは?

 

A「天性の明るさですね。それは練習生の頃から思ってました。人の心を明るくできる存在じゃないですか? そこが凄いと思うところかな」

 

 

Q.自分のほうが勝っていると思うところは?

 

A「肉体的にはほぼ勝っていると思うんですよね。あとは責任感ですかね。それも今となってはどうなんだろうというところはありますけど、あの無邪気なところが彼の凄さでもあるので。いい意味で責任感のなさが凄いところでもありますからね。ただ、お互いに反対のことをしようと思っていたわけじゃなくて、自然とそうなっていったんですよ。イケメンが自由にやってたから俺に責任感が生まれたのかもしれないし、向こうも俺に責任感があるから自由にできたところもあるんだろうし。完全に無責任なクソ野郎じゃないんでね。こっちもそれなりに自由にやってたんで、相乗効果みたいなところあったと思います。団体において担う役割が違ったということですね。それも自然にそうなったんだと思います」

 

 

Q.イケメン選手から電話が来て「組もう」と言われた時はどう思いました?

 

A「それはそれでおもしろいなと思いましたね。今、俺たちにしかできないことだし、出し惜しみしてもしょうがないし、うれしさはありました。W-1を離れても何が一番おもしろいのかを考えているんだなと思って。今まで組みたいと思ったことはないです。あのジャケットを着たくないんで」

 

 

Q.イケメン選手の好きなところは?

 

A「難しいな……。人としては嫌いじゃないです。好きな部類に入っていると思います。やり合っていたからわかる部分もあるんで。ただ、適当だし、入場長いし、ジャケットは臭いし、リングシューズにカビが生えていたこともあったし……。まあ、仮に俺が今プロレスファンだとしたら、好きにはならないタイプの選手ですね。昔からガッチリとプロレスをやっていた選手が好きだったんで。WWEだと、イケメンはジェフ・ハーディが好きなんですよ。僕は嫌いまではいかないですけど、もっとちゃんと筋トレしろよって中学生ながらに思っていましたから。そういう目線で見ると好きにはならない選手だと思います。でも、華やかさを持っているんで、そういう部分は凄いなと思いますね。自分にはないものなんで」

 

 

Q.2人でどういうタッグを見せたいですか?

 

A「全く想像がつかないですね。若手の頃から一切組んだことがないですからね。ずっと対角にいたから横に並ぶのはおもしろいかもしれないですけど、どういうタッグになるんだろうな? 裕輔と組んでいる時、クマと組んでいる時って結構インスピレーションで連携が浮かんでくるんですけど、イケメンとは浮かんでこない。食らってた立場だから逆にわかんない。でも、だからこそ、プロレス脳を試される場面だと思うんですよ。相手は近藤、CIMA、そして隣にイケメン。みんな実力者だし、曲者ですよ。その曲者たちの中でいかに自分のスタイルを崩さずにインパクトを残すかっていうのが課題ですね。ただ、イケメンから電話来た時にもいけるなっていう感覚はありました。この4人でおもしろかった、凄えなって言わせたいです。この試合は俺とイケメンが届けられる最後のファンサービスだと思ってもらっていいです。辞めた人間と残った人間の最初で最後のファンサービス。ただ、ジャケットは着ないです」

 

 

Q.相手の近藤&CIMA組については?

 

A「近藤修司に関してはずっとやっているし、試合もちょいちょい当たるし、この間も副社長の強権発動だとか言っててイヤな感じを受けますね。あの性格で権力を手にしたらダメでしょう。一番権力持っちゃいけない人ですよ。それが権力を振りかざし始めた時にはW-1はどうなるんだろうって思いますけどね。CIMAに関してはまた試合ができるっていうのがうれしいですね。6人タッグでしか当たってないし、タッグでより濃く当たれるのでかなりやる気はあります。AEWのCIMAですから。それだけ需要があるっていうことだし、ここでCIMAといい試合したぞってなれば、俺にもお声がかかるかもしれないし。そういう意味でもオイシイ相手ですよね。まあ、その当時の闘龍門やドラゴンゲートを見てないんで、その2人の関係性はよくわからないです。逆にイケメンは凄え見てるんですよ。彼はマグナムTOKYOのファンだったんで。イケメンの一家はみんなマグナムTOKYOが好きなんですよ。超リスペクトしているって言ってました。ただ、自分は思い入れがないんですけど、今のプロレス界で試合をするならCIMAはオイシイ相手だなという印象です」

 

ー大会詳細ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2019 AUTUMN BOUT」11.27東京・後楽園ホール大会

 

【日時】

2019年11月27日(水)18時30分試合開始/17時40分開場

 

【場所】

東京・後楽園ホール

 

【対戦カード】

▼第0試合 シングルマッチ30分1本勝負

仁木琢郎 vs 馬場拓海

 

▼第1試合 タッグマッチ30分1本勝負

土肥孝司&本田竜輝 vs 児玉裕輔&新井健一郎

 

▼第2試合 6人タッグマッチ30分1本勝負

頓所隼&一&タナカ岩石 vs 吉岡世起(#STRONGHEARTS)&鬼塚一聖(#STRONGHEARTS)&アレックス・ゼイン(#STRONGHEARTS)

 

▼第3試合 パンテーラファミリー集結!スペシャル6人タッグマッチ30分1本勝負

カズ・ハヤシ&アンディ・ウー&MAZADA vs エル・パンテーラ&エル・イホ・デル・パンテーラ&パンテーラJr.

 

▼第4試合 タッグマッチ30分1本勝負

河野真幸&アレハンドロ vs 征矢学&エル・リンダマン(#STRONGHEARTS)

 

ー 休憩 ー

 

▼第5試合 ペガソ・イルミナル試練の5番勝負第3戦 スペシャルシングルマッチ30分1本勝負

ペガソ・イルミナル vs ヒート

 

▼第6試合 タッグマッチ30分1本勝負

芦野祥太郎&黒潮“イケメン”二郎 vs 近藤修司&CIMA(#STRONGHEARTS)

 

▼メインイベント 『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2019』優勝決定戦 時間無制限1本勝負

【Aブロック1位】T-Hawk(#STRONGHEARTS)&入江茂弘(#STRONGHEARTS) vs 【Bブロック1位】羆嵐&レネ・デュプリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事