【WWE】戸澤、王座奪取に失敗も会場はスタンディングオベーション

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“スタミナモンスター”戸澤陽が王者リオ・ラッシュとクルーザー級王座戦で激突した。

試合序盤から両者がスピーディな技のかわし合いを展開すると、戸澤は騙し打ちジャブやランニング・セントーンでラッシュに襲い掛かった。

さらにエプロンの攻防では戸澤がジャーマンスープレックスでラッシュを豪快に場外に投げ飛ばすと、「アー!アー!」と雄叫びを上げて王者を圧倒。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、戸澤が得意のダイビング・セントーンをラッシュのヒザで迎撃されると形勢逆転となり、最後はラッシュのファイナルアワー2連発で3カウントを奪われた。

戸澤は王座獲得に失敗したものの、観客はスタンディングオベーションで2人の激闘を称賛した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事