【WWE】中邑真輔&セザーロがタッグ王座に挑戦もニュー・デイが防衛!

現地時間1129日、アラバマ州バーミングハムのレガシー・アリーナでスマックダウンが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑真輔&セザーロがタッグ王座に挑戦もニュー・デイが防衛!

中邑真輔&セザーロが王者ニュー・デイとスマックダウンタッグ王座戦で激突した。

リングに登場したニュー・デイのコフィ・キングストン&ビックEがオープン・チャレンジを宣言すると、そこに登場したのはサミ・ゼインと中邑&セザーロ。

ゼインは「2人は新タッグ王者になるためにここにいる」と宣戦布告して王座戦が決定。

序盤、中邑はキングストンをターンバックルに乗せてヒザを叩き込むと、キングストンの反撃には中邑がレフェリーにぶつかることでゼインが介入する隙を作って試合の主導権を握った。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに中邑はスピニング・ヒールキックからキンサシャをキングストンに決めるもビックEカットに入ってカウント2。

決定打を欠く中でゼインの介入がレフェリーに見つかってバックステージに戻るように命じられると、最後はキングストンがトラブル・イン・パラダイスをセザーロに決めて3カウント。

中邑&セザーロは王座に届かず、ニュー・デイが王座防衛に成功した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事