【リアルジャパン】スーパー・タイガーが関根“シュレック”秀樹とのシングルマッチで再起を誓う!

リアルジャパンプロレスが11月29日(金)、記者会見をおこない12・5東京・後楽園ホール大会の全カードを発表。

会見には新間寿リアルジャパンプロレス会長、平井丈雅リアルジャパンプロレス代表、スーパー・タイガー、間下隼人、タカ・クノウ、澤田敦士、LEONAが出席し、選手たちが意気込みを述べた。

リアルジャパン12・5後楽園全カード決定

「初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.4」

12月5日(木)東京・後楽園ホール

開場17時30分 試合開始18時30分

スーパー・タイガーvs関根“シュレック”秀樹

スーパー・タイガー「11月30日、プロレス団体ではないのですが、“プロレス+(プラス)”というイベントで新木場1st RING、そのメインイベントで日本を代表して海外に来年旅立つ黒潮“イケメン”二郎選手とメインイベントでシングルマッチ闘うことになりました。これは私にとってリアルジャパン、12月5日の前の前哨戦としてもすごく意味のある闘いだと思っています。今回、シュレック選手は格闘技の選手で、そこから上がってくるプロレス、それに対して私自身キャリアの方ではまさっていますが、格闘技としてただ一辺倒な闘いをしては関根選手に少し分が悪い部分もあるので、黒潮“イケメン”二郎という選手をしっかり呑み込んで、その上でプロレスの部分でシュレック選手にしっかりと叩きつけたいと思っております」

【対戦決定カード】

《メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負》

[王者]藤田和之(第14代レジェンド王者/はぐれIGFインターナショナル)vs[挑戦者]船木誠勝(フリー)

《セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負》

スーパー・タイガー(リアルジャパンプロレス)vs関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)

《第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負》

関本大介(大日本プロレス)&間下隼人(リアルジャパンプロレス)&岩崎孝樹(ガンバレ★プロレス)vsアレクサンダー大塚(AO/DC)&崔領二(ランズエンドプロレスリング)&将軍岡本(UWAアジアパシフィック王者/ブードゥー・マーダーズ)

《第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負》

タカ・クノウ(フリー)vs澤田敦士(フリー)

《第2試合タッグマッチ 30分1本勝負》

日高郁人(ZERO1)&大門寺崇(ランズエンドプロレスリング)vs梶トマト(2AW)

&伊香保京介(ランズエンドプロレスリング)

《第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負》

鈴木秀樹(はぐれIGFインターナショナル、小林軍団、杉浦軍)vsLEONA(ドラディション)

※対戦カード、出場選手は変更の場合があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事