【リアルジャパン】“我孫子市議会議員”澤田敦士が2年ぶりのプロレス復帰、“グラップリング世界一”タカ・クノウと一騎打ち!

リアルジャパンプロレスが11月29日(金)、記者会見をおこない12・5東京・後楽園ホール大会の全カードを発表。

会見には新間寿リアルジャパンプロレス会長、平井丈雅リアルジャパンプロレス代表、スーパー・タイガー、間下隼人、タカ・クノウ、澤田敦士、LEONAが出席し、選手たちが意気込みを述べた。

リアルジャパン12・5後楽園全カード決定

「初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.4」

12月5日(木)東京・後楽園ホール

開場17時30分 試合開始18時30分

タカ・クノウvs澤田敦士

澤田敦士

「プロレス界のみなさま、お久しぶりでございます。澤田敦士でございます。2年ぶりの試合となります。平井さんに4,5日前ですかね、電話しまして。選挙もちょうど終わって、おかげさまで当選できた。平井さん、私をぜひ佐山先生のところで使ってくださいと直訴しましたら、二つ返事で平井社長はわかりましたと、いただきましたよね。それで組んでいただいた試合でございます。プロレス2年ぶりということで、いまの自分というのが未知なところはありますが、とにかくプロレスに帰ってきたということをみなさんにご報告したいなと。そして私を見ていただけたらと。プロレスを通じて世間に発信できるように。プロレスが世間にしっかりと板につくようにですね、そういった意味でまたプロレスに戻ることができた。それに関しては感謝しております。頑張ります。とにかく頑張るとしか言えません。頑張ります。またプロレス界のみなさん、よろしくお願いします」

タカ・クノウ

「まず、澤田先生、二期目当選おめでとうございます。2年ぶりの参戦ということで、澤田選手にちょっと心配なことがいくつかあるんですけども。ひとつは、事前のコメントにも挙げたようにファイターとして勢いのあった選手ですから、そこが錆び付いていないかどうかという。どうせ上がるのであればバチバチやりたい気持ちがすごくありますので、そこがまず心配な部分ですね。あとは、ボクは本気で行きますので、まあ、もしケガをされた場合、それ以降、次の日以降の公務に差し支えがあって、私が公務執行妨害としてあげられないかとちょっと心配ですけども、そうなるような激しい試合をしたいとは思ってます」

――2年間のブランク中、プロレス界への復帰についてはどう考えていた? 急きょ決まったカードだと思うが、今回の参戦にあたりコンディションはどう?

澤田「コンディションに関しては、ボクは我孫子市で子どもたちに柔道を教えたり柔道の普及をしてますので、そういった面では(問題ない)。それはね、IGFあったときとはそこはクエスチョンマークになりますけども、自分がやってきたことは大丈夫だろうと。そもそもね、やる前から負けること考えるバカいませんからね! ここで試合に出るってことは、そういうことですよ。しっかりと大丈夫だということで、そして出るということです。(復帰については)プロレスは引退したわけじゃないですから。そこはみなさんのご想像にお任せしますけども。ボクからとやかく言うことでもないのかなと思います」

――柔道ジャケットを着用するのか。

澤田「それはどうですかね。いまここで言うことではないのかなと」

――それは当日、と。

澤田「そうなります」

新間「自分で出ると言うんだったら、レスラーで2年間のブランクがあるんだったら、タカさんだって柔道着を着て出てるんだから、それだったら柔道着を着てオレもやってやるというような気持ちにならないのか?」

澤田「それはいまここで言うことでもないのかなと思いまして」

新間「言えばいいじゃない」

澤田「じゃあ(柔道着着用でやる)」

新間「猪木vsルスカ以上の試合やってみますくらい言えないのかよ」

澤田「それはやります。柔道家として、私は柔道をずっとやって日本一の経験もしてます。タカ選手が柔道着でくるというのだったら、それでやってやろうじゃねえかと。柔道着を着ていくよ。いま新間会長からもそういう言葉がありましたから。それは腹くくっていきますよ。腹くくって、いい試合なんかするつもりはありません。すげえ試合してやりますから。見ててください」

平井「決まりました。澤田敦士選手も柔道着を着て試合に臨むということになりました」

タカ「私が(柔道着を)脱ぐかもしれないじゃないですか。そういう想定もありますよね。どうなるかわからないですよ」

澤田「まあ、迷わず行けよ、行けばわかるさってね。とにかくマスコミのみなさんにも見ていただければ。そして私のもうひとつのあれ(目的)ね、試合に出るってことはもちろんプロレスに戻ることもそうなんですけど、我孫子市の名前を売るってこともひとつですから。ひとつ、よろしくお願いします」

タカ「すべて、リングの上を見ていただければ」

【対戦決定カード】

《メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負》

[王者]藤田和之(第14代レジェンド王者/はぐれIGFインターナショナル)vs[挑戦者]船木誠勝(フリー)

《セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負》

スーパー・タイガー(リアルジャパンプロレス)vs関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)

《第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負》

関本大介(大日本プロレス)&間下隼人(リアルジャパンプロレス)&岩崎孝樹(ガンバレ★プロレス)vsアレクサンダー大塚(AO/DC)&崔領二(ランズエンドプロレスリング)&将軍岡本(UWAアジアパシフィック王者/ブードゥー・マーダーズ)

《第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負》

タカ・クノウ(フリー)vs澤田敦士(フリー)

《第2試合タッグマッチ 30分1本勝負》

日高郁人(ZERO1)&大門寺崇(ランズエンドプロレスリング)vs梶トマト(2AW)

&伊香保京介(ランズエンドプロレスリング)

《第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負》

鈴木秀樹(はぐれIGFインターナショナル、小林軍団、杉浦軍)vsLEONA(ドラディション)

※対戦カード、出場選手は変更の場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事