【リアルジャパン】“飛龍二世”LEONAが“B・ロビンソン最後の弟子”鈴木秀樹と注目の初シングル!

リアルジャパンプロレスが11月29日(金)、記者会見をおこない12・5東京・後楽園ホール大会の全カードを発表。

会見には新間寿リアルジャパンプロレス会長、平井丈雅リアルジャパンプロレス代表、スーパー・タイガー、間下隼人、タカ・クノウ、澤田敦士、LEONAが出席し、選手たちが意気込みを述べた。

リアルジャパン12・5後楽園全カード決定

「初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.4」

12月5日(木)東京・後楽園ホール

開場17時30分 試合開始18時30分

鈴木秀樹vsLEONA

LEONA

「ドラディションのLEONAです。先月のドラディションで1年3カ月ぶりにリングに戻ってくることができました。結果はやっぱりプロのリング、非常に厳しいもの、そして現在の自分のいる位置というものが自分の中に身に染みて感じたドラディションの2連戦だったと思います。そして、自分の中でもう一度プロレスのリングで再スタートを切る中で、こうしてまたリアルジャパン、ストロングスタイルプロレスの中で自分の試合が組まれたということは、自分にとってもすごく意義、そしてすごく特別に感じるものもあります。今回、鈴木秀樹さんとのシングル。これまで同じ道場に通って練習をしたということはありますが、鈴木さんとは違うタイミングでの入門ということもあり、そして、リングで対戦の形では触れ合うことはこれまでありませんでした。鈴木選手のリングでの強さ、レスリングに対する信念、そして、その日、ボクに対する気持ち、そういったものを自分のファイトを通して正面から鈴木選手にぶつけたいと思います。当たり前のことを言葉にするかもしれませんが、痛み、感情、怒り、そして喜び。そういった感情をこのプロレスのリングで対戦相手にぶつける。これが、いま自分にできるファイトの最善であり、やらなくてはいけないことだと思います。もう一度真正面からプロレスに向かい合うこのタイミングにこの対戦カード、自分にとって意義のあるカードとして当日、思い切ってプロレスをしたいと思います。よろしくお願いします」

――鈴木選手とはヨーロッパのクラシックなプロレススタイルをトレーニングに取り入れている共通点があるものの、このカードは勝ち負けではない試合と見られがちだと思うが。

「そうですね、もちろんキャリアであったり鈴木選手がいままで獲得してきたタイトル、そういったところから見てもいまあった言葉(勝ち負けのカードではない)というのは、もしかしたらファンのみなさんの観点からの正直な受け止め方なのかもしれません。でも、先日、27日、ドラディションの大阪で(獣神サンダー・)ライガーさんときっと最後になるかもしれない対戦をして、そのときにそういう先輩であったり自分よりキャリアのある選手と向かい合うときに、遠慮であったり、そういったものをするべきではないと。怒りであったり気持ちであったり、もちろん技術もそうですけど、それをぶつけてこそプロレスだと。攻撃であったり言葉であったり、そういったもので自分自身すごく心に感じるものがありました。だからこそこの闘い、もちろん自分は勝ちを放棄するとか、あきらめてとか、そういった気持ちは持たずに、本当に正面からプロレスのリングで勝負したいと思います」

【対戦決定カード】

《メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負》

[王者]藤田和之(第14代レジェンド王者/はぐれIGFインターナショナル)vs[挑戦者]船木誠勝(フリー)

《セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負》

スーパー・タイガー(リアルジャパンプロレス)vs関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)

《第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負》

関本大介(大日本プロレス)&間下隼人(リアルジャパンプロレス)&岩崎孝樹(ガンバレ★プロレス)vsアレクサンダー大塚(AO/DC)&崔領二(ランズエンドプロレスリング)&将軍岡本(UWAアジアパシフィック王者/ブードゥー・マーダーズ)

《第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負》

タカ・クノウ(フリー)vs澤田敦士(フリー)

《第2試合タッグマッチ 30分1本勝負》

日高郁人(ZERO1)&大門寺崇(ランズエンドプロレスリング)vs梶トマト(2AW)

&伊香保京介(ランズエンドプロレスリング)

《第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負》

鈴木秀樹(はぐれIGFインターナショナル、小林軍団、杉浦軍)vsLEONA(ドラディション)

※対戦カード、出場選手は変更の場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事