【今日子のプロレス今日この頃】㊵「ないしょの話」㉗「カズ・ハヤシ」

こんにちわ!今日子です(^^)

最強タッグは暴走大巨人の優勝でしたね!

会場は大盛り上がり。暴走大巨人の強さが際立ちましたが、野村直矢さんの鬼気迫る納豆のような粘りと、ジェイク・リーさんの覚醒したような凄味のある表情が印象的でした。この2人は、来年さらに飛躍するでしょうね。楽しみです。

最強タッグのテーマ曲を聴くと、年の瀬を感じます。ちょっともの悲しいようなあのテーマ。あれを聴くと涙が出そうになるんです。

年末年始には良い思い出がないのでそれが原因なのか、それとも今はもういない最強タッグに出場していた懐かしの選手を思い出すのか、その2つが相まっているのか、何だか本当に悲しくなるんです(T_T)

悲しい時には、イケメン(黒潮イケメン二郎さんではありません)を見るに限ります。私は子どもの頃から親に注意されるほどの面食いで、ハンサムな人を見ると癒され、乱れた心も穏やかになります(*^_^*)

さて今日はカズ・ハヤシさんです。「男の中の色男」と評されるカズさんは、本当にハンサムです。お写真でも素敵ですが、実物はもっと二枚目です。

まだ全日にいらした頃。初めてお会いした食事会の時、酔っぱらった参加者が次々とリングアウト。最後はカズさんと私が残りました。

せっかくだからとワインバーに行きましたが、カズさんはお疲れのようで「もし寝ちゃったら起こして下さい」とおっしゃっていました。ワインボトルを空けた頃、ウトウトされるカズさん。

向かい合っての席だったのですが、あまりにきれいなお顔だったので起こさずしばらくそのまま見ていました(^.^) 寝顔のだらしない人も多いですが、寝顔がきれいな人っていいですよね。

その後、よせばいいのにホテルのバーに移動。さらに飲んだくれました。カズさんお強い! 私の行きつけのお店でしたが、なじみのバーテンさんが「いい男ですね~」とコッソリ耳打ち。何人かの選手をお連れしたお店ですが「みなさん素敵ですが、彼は本当にいい男ですね」と大絶賛でした。

余談ですが、そのバーは今では経営が代わり、インテリア等は同じなのですが、全く違う雰囲気になってしまいました。「箱じゃなくて人」とよく言いますが、プロレス団体にも当てはまりますね。名前は同じでも、もはや違う団体では?と思ってしまうところも多いですからね。

カズさんはモテるので、慣れているのか女性のエスコートもお上手。楽しく気分良くさせて下さいます。

後日、そのバーにまた来店し、天才マジシャンのKiLa(吉良蓮甫)さんをご紹介。そこからご縁が生まれ、カズさんはファン感謝デーの試合で、縄抜けのマジックを披露していました。

今でもたまに、KiLaさんの六本木のマジックバーに来店したり、と交流はあるようです。私は母の介護でお金がかかるので、経済的な応援はできませんが、ご紹介やご縁をつなぐような事はしているつもりです。

その時はそれだけでも、何年後かにまためぐり合う事もありますからね。なので、カズさんとKiLaさんが今でも交流があると聞いて、とても嬉しいです。

また、NOSAWA論外さんが言い出した「ヅラ疑惑」にも明るく楽しく、応対されます。ハンサムな人にヅラ疑惑は・・・と思うのですが、カズさんは面白がっているようで、春に「最近、髪、増えました?」と聞くと「田植えのシーズンですから。長いの500円、短いの300円。ちょっと植え過ぎました」。秋に「短いのにしたんですか?」と聞くと「稲刈りの季節ですからね」など。

その軽快な切り替えしはまるで、テンポの良いカズさんのファイトスタイルのようです。

怒るのは簡単。でもそれを昇華させて楽しんじゃうのは、人としての度量の大きさを示すものだと思います。

カズさんは全日時代から武藤さんの右腕として、とても信頼されています。

飲んでいる最中に、武藤さんの奥さんから電話がかかって来た事もあり、ご本人だけではなく奥さんからも信頼されているんだと思いました。

選手としても、キャリアを重ね、脂の乗った時期です。フォールに行く時や、丸め込みの時などの体重移動がとてもうまいなと、いつも感心して見ています。

「アメリカではいろいろ大変で、すごく苦労したのよ」と、遠くを見るような目で言ったハンサムな横顔が忘れられません。

選手と社長。二足のわらじはご苦労も多いと思いますが、W-1の社長はカズさんにしかできないと思います。

これからも頑張って下さい☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事