【DDT】12・28後楽園で復帰の樋口和貞が坂口とのタッグ継続を希望

17日、DDTは東京・文京区の御茶ノ水道場で記者会見を行った。

右ヒザ後十字じん帯断裂のため、欠場していた樋口和貞が、28日の後楽園大会で、約4カ月ぶりの復帰戦を行い、坂口征夫とのタッグで、ブル・ジェームス、納谷幸男組と対戦する。

樋口は「『D王』期間中、坂口さんのセコンドをさせてもらったんですけど、あの人の戦い方、生き様、思想とか、『この人と組みたいな』と思って、今後組んでDDTでどんどん暴れていきたい。体調は100パーセント。もっと上をいってるかもしれないです。ヒザへの負担を考えて、減量して、現在105キロほど。以前は115キロほどありましたので、負担が減りました。ブルに関しては前に来たとき、ずっと組んでて、今回当たれるのは楽しみです。納谷選手に関しては、正直『何やってるんだろう。最近たるんでるんじゃないか』と思って、ここで一発ガツッと渇を入れてやろうかと思って。坂口さんとのタッグは継続していきたい。感銘受けたりする部分もあるんで、この人と戦っていきたい」とコメントした。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2020 the FINAL!!
【日時】12月28日(土) 開場17:30 開始18:30
【会場】東京・後楽園ホール

樋口和貞復帰戦
坂口征夫&樋口和貞 vs ブル・ジェームス&納谷幸男

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事