【ドラゴンゲート】12.18 後楽園 FANTASTIC GATE 2019 -最終戦-<全試合結果>赤覆面の正体はB×Bハルク!闘龍門世代vsドラゴンゲート世代vsR・E・Dの3つ巴抗争に突入!


18日、東京・後楽園ホールにてドラゴンゲートの『FANTASTIC GATE 2019-2019年後楽園ホール最終戦-』が行われた。

メインイベントは12.4後楽園の土井ダーツで選ばれたランダムに選ばれた4チームの勝ち抜きマッチとなった。しかし試合終盤にR・E・Dが乱入。事前にリーダーのEitaが予告していた通り赤覆面の正体が明かされた。そしてその正体はB×Bハルクであった。

B×Bハルクは先の12.15福岡で同ユニットのYAMATOとツインゲートのベルトを奪取したばかり。まさかのタッグパートナーの裏切りに会場が騒然とする中、B×Bハルクは「サプラ〜イズ!これが俺からのクリスマスプレゼントだ」と元パートナーのYAMATOを突き放した。

これを受けてYAMATOはかねてより考えていたという世代闘争を呼びかける。リングに全選手を呼び込むと、闘龍門世代とドラゴンゲート世代で熱く戦いあいたいと呼びかける。これにKzyやBen-K、ストロングマシーンJらが次々と共鳴し握手を交わした。

こうしてドラゴンゲートマットはウルティモドラゴン校長をリーダーにした【闘龍門世代】、YAMATOらドラゴンゲートを引っ張ってきた【ドラゴンゲート世代】、Eitaを中心にベルトのほぼ全てを集めるヒールユニットの【R・E・D】の3つ巴抗争に突入することとなった。

休憩時間には先日の12.15福岡で丸藤正道とのコントラマッチでマスクを剥がれたストーカー市川改め市川寛二がウルティモ・ドラゴンより「このまま市川」の新リングネームを付けられた。

FANTASTIC GATE 2019
-2019年後楽園ホール最終戦-
日時:12月18日(水)18:30試合開始/17:30開場
会場:東京・後楽園ホール

各試合結果は下記の通り

【第1試合:10人タッグマッチ】
しゃちほこBOY 問題龍 パンチ富永 ✖️椎葉おうじ 大和ヒロシ
vs
神田裕之 K-ness. ジェイソン・リー◯ 吉岡勇紀 ジミー

(4分38秒 マキシマムドライバー→エビ固め)

【第2試合:タッグマッチ】
◯B×Bハルク KAI
vs
望月成晃 奥田啓介✖️

(5分42秒 ファーストフラッシュ→片エビ固め)

入場時にサンタの帽子を被って登場したB×Bハルク。この時にはYAMATOとツインゲートのベルトを誇示したが…

【第3試合:シングルマッチ】
△Ben-K
vs
ストロングマシーン・J△

(20分0秒 時間切れ引き分け)

この1週間、プロレス大賞新人賞受賞、トライアングルゲート王座の失冠と色々ありすぎたストロングマシーンJ

【第4試合:タッグマッチ】
✖️横須賀ススム “brother”YASSHI
vs
ドラゴン・キッド ドラゴン・ダイヤ◯

(9分36秒 レプテリアン・ラナ)

これからはドラゴンダイヤの時代だ!と愛弟子の成長を称えるキッド

【第5試合:6人タッグマッチ】
✖️ウルティモ・ドラゴン 斎藤了 新井健一郎
vs
ビッグR清水 吉田隆司 ディアマンテ◯

(10分16秒 ラ・マヒストラルを切り返す→エビ固め)

今日も開始のゴングは少年の手に委ねられた。SPEED STAR柄のシャツをみてダメ元で好きなレスラーをサイリョーが聞くもやはり吉野正人推し

校長の横でサイクリングヤッホーを決めるサイリョー

アラケンはサイリョーの上から高さのあるダイビングフットスタンプ

ウルティモ・ドラゴンがラ・マヒストラルで勝負をかけるもディアマンテのパワーに切り返されてしまう

試合後、ウルティモ・ドラゴンはビッグR清水のリングネームに言及。アメリカじゃミディアムだとサイズを揶揄

休憩時間にはストーカー市川改め市川寛二に入門時ストロングスタイルを目指すと言っていたエピソードを紹介し「アントニオ市川」に改名しろと迫るも市川が「このままがいいです」と拒否。結局、菊池リングアナより発表された新リングネームは「このまま市川」となった。

【第6試合:タッグマッチ】
✖️吉野正人 土井成樹
vs
◯石田凱士 KAZMA SAKAMOTO

(8分16秒 急所攻撃から丸め込む→首固め)

12.15福岡でドリームゲートのベルトを獲得した土井が後楽園ホールにベルト姿をお披露目

土井吉はスピーディな連携と跳躍力溢れるダイナミックな攻撃を繰り出すも石田の急所攻撃に沈んだ

「チャンピオンの顔じゃないんじゃ」とマイクでアピールする石田凱士に「俺が言おうと思ってたことを先に言うな」と余裕のマイクで応答する土井

調子に乗る石田にMaxiMuMを裏切られたジェイソン・リーが怒りの制裁に入る

【第7試合:土井ダーツSP 6人タッグ4WAYマッチ】
Eita 箕浦康太 Kzy
vs
YAMATO Gamma 堀口元気
vs
Kagetora H・Y・O X
vs
市川寛二 ドン・フジイ ヨースケ♡サンタマリア

※時間無制限勝ち残り戦

※1本目

Kagetora
H・Y・O ✖️
Ben-K
vs
このまま市川 〇
ドン・フジイ
ヨースケ♡サンタマリア

(12分35秒 イナバウアー・ジャーマンスープレックスホールド)

※2本目

Eita
箕浦康太 〇
Kzy
vs
このまま市川
ドン・フジイ ✖️
ヨースケ♡サンタマリア

(14分10秒 横入り式エビ固め)

※決勝戦

ギャラリアでYAMATOがEitaに勝利するかと思ったのも束の間…

リングに大挙したR・E・Dの面々がYAMATOに集団暴行

更には赤覆面が袋に入った鈍器(後にツインゲートのベルトと判明)でYAMATOを襲う

Eita 〇
箕浦康太
Kzy
vs
YAMATO ✖️
Gamma
堀口元気

(22分29秒 Imperial Uno→片エビ固め)

正体を現したB×BハルクはTRIBE VANGUARDのTシャツを破り捨てた。まさかのハルクの裏切りにYAMATOもショックを隠せない。

バックヤードでR・E・Dはドリームゲート以外の全ベルトを独り占めしていると大いにアピール。
※B×BハルクはYAMATOから奪った2つのツインゲートタッグ王座ベルトをクロスにかけている。

混沌とするドラゴンゲートの主導権を握るのは果たしてどのチームなのか、今後もドラゴンゲートから目が離せない!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事