【ドラゴンゲート】ハルクが衝撃のR・E・D入り!そしてYAMATOが新たな世代間闘争を提唱しドラゴンゲート世代vs闘龍門世代vsR・E・Dの3軍抗争が始まる!!

FANTASTIC GATE 2019
2019.12.18 東京・後楽園ホール 観衆:1,615人(超満員)

18日、東京都・後楽園ホールにてDRAGON GATE『FANTASTIC GATE 2019』年内最終の聖地・後楽園ホール大会を行った。

前回の後楽園大会で実施した土井ダーツによる6人タッグ4WAYマッチがこの日のメインイベントとなった。

各チームの編成は以下の通り。

■Kzy、箕浦康太、Eita
■YAMATO、Gamma、堀口元気
■H・Y・O、Kagetora、Ben-K
■このまま市川、ドン・フジイ、ヨースケ♡サンタマリア

試合はこのまま市川(旧名:ストーカー市川)が集中攻撃を受けるも奮闘を見せ、場内も大いに盛り上がるが最後にマットに残ったのはYAMATOとEitaの2人。

両者白熱の展開を見せるもR・E・Dの乱入から赤覆面の急襲によりEitaの勝利、予告していた赤覆面の正体としてB×Bハルクがその姿を現し場内が騒然となった。

ハルクは負傷欠場の原因となったKAIをTRIBE VANGUARD入りさせた事、そしてウルティモ・ドラゴンを招き入れたことを糾弾しリングを立ち去った。

■メインイベント 土井ダーツSP6人タッグ4WAYマッチ
Kzy、箕浦康太、Eita
vs
YAMATO、Gamma、堀口元気
vs
H・Y・O、Kagetora、Ben-K
vs
このまま市川、ドン・フジイ、ヨースケ♡サンタマリア
1本目:○このまま市川(12分35秒、イナバウアー・ジャーマンスープレックスホールド)H・Y・O×
2本目:○箕浦康太(14分10秒、横入り式エビ固め)ドン・フジイ×
決勝:○Eita(22分29秒、片エビ固め→Imperial Uno)YAMATO×

連続写真でご覧下さい。

 

⇒次ページに続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2