【ガンバレ大仁田大家プロレス】グレート・ニタが1・13ガン仁田プロレス旗揚げ戦で17年ぶりに大阪に降臨!納谷幸男が「大鵬3」に改名し3・28富山で電流爆破出陣か?

“邪道”大仁田厚の化身グレート・ニタが来年1月13日、大阪・すみのえ舞昆ホールで開催される「ガンバレ☆大仁田大家☆プロレスリング」(通称=ガン仁田プロレス)旗揚げ戦で17年ぶりに大阪に降臨することが決まった。

ガン仁田プロは27日、東京・文京区のDDT御茶ノ水道場で会見を開き、同大会のメインカードを大仁田、大家健、守屋博昭組VS新井健一郎、ガッツ石島、翔太組と発表した。

ところが、大仁田は「その日、オレは法事があって行けなくなった。インド洋をウロウロしていたニタから連絡があって、『正月は日本で迎えたい』と言ってるんだ。バックパッカーの宿に泊まってるんだけど、前金でほしいらしい。食事代やディズニーランドに行くカネが必要だと。だから、ガン仁田興行では、オレの代わりにニタが大家と組む。試合形式はノーロープ有刺鉄線バンクハウス・インディオ6人タッグデスマッチでどう?」と発言。

大仁田はニタに渡す前金のギャランティのため、大家に財布を出させると、中を見て、「3000円しか入ってないじゃないか。クレジットカードはないのか?」と言い出すと、大家は「カードはまずいです」と返す一幕もあった。

試合形式は会見終了後、同団体で協議した結果、スクランブルバンクハウス・ストリートファイト6人タッグデスマッチに決定した。

ニタは17年8月27日、東京・新木場1stRINGでの「さよならグレート・ニタ」興行の試合後、台場に直行して東京湾に消えたが、その後、2年4カ月間、消息を絶っていた。大阪で試合をするのは、WJプロレスの03年5月3日、グランキューブ大阪大会での馳浩戦以来、約17年ぶりとなる。

また、会見には昭和の大横綱・大鵬の孫で、元関脇貴闘力の長男である納谷幸男も出席し、「次の電流爆破(爆破甲子園、3月28日=富山・南砺市福野B&G海洋センター)にボクを出してください」と直訴。

大仁田は「勝手に出ろ。オマエは大鵬さんのお母さんの息子だろ。だったら、『大鵬3』に改名しろ!」と無理難題を提案。当初納谷はかたくなに拒み続けていたが、果たしてどうなることやら。

なお、ガン仁田プロ旗揚げ戦の追加カードとして、鷲田周平VSミス・モンゴルVSアルティメット・スパイダーJrによる3WAYマッチが発表された。

■1月13日ガンバレ☆大仁田大家☆プロレスリング旗揚げ戦大阪大会の一部カード変更、追加カードが決定。

【大会名】ガンバレ☆大仁田大家☆プロレスリング旗揚げ戦
【日時】2020年1月13日(月=祝) 開場16:30 開始17:00
【会場】大阪・大阪市すみのえ舞昆ホール

〔変更カード〕
スクランブルバンクハウス・ストリートファイト6人タッグデスマッチ
グレート・ニタ&大家健&守屋博昭 vs 新井健一郎&ガッツ石島&翔太

〔追加カード〕
スペシャル3WAYマッチ
ミス・モンゴルvsアルティメット・スパイダーJrvs鷲田周平

〔既報カード〕
ガンプロスペシャルタッグマッチ
石井慧介&今成夢人 vs 勝村周一朗&岩崎孝樹

スペシャルシングルマッチ
クリス・ブルックス vs 冨永真一郎

スペシャルシングルマッチ
サンダー・ロサ vs 青木いつ希

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事