【新日本】盟友・中西学の引退発表に永田裕志「今は言葉も出てこない…」

7日、2020年2月22日での中西学の引退が発表された。これに長年タッグチームとしてコンビを組み、2020年1月4日の東京ドーム大会にも一緒に出場した永田裕志がTwitterで感想を投稿した。

永田裕志と中西学は共に1992年に新日本プロレスに入門。同じレスリング出身、全日本選手権優勝者として切磋琢磨した。特に同年代の天山広吉、小島聡とは第三世代として20数年に渡り抗争・共闘してきた仲だ。

永田裕志と中西学は第39代IWGPタッグ王座に輝いている。

今回の発表に長年の盟友として言葉を失う永田の心境も推して図るべしだ。2月22日の引退の日まで悔いの残ることのない第三世代の戦いぶりを見せて欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事