【ドラゴンゲート】1.15 後楽園『OPEN THE NEW YEAR GATE 2020』<全試合結果>オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座決定戦はハルク&KAZMA組が優勝!次回YAMATO&KAIと吉野&近藤との3WAY戦!土井のドリームゲートにKzyが挑戦表明!

15日、ドラゴンゲートは東京・後楽園ホールにて『OPEN THE NEW YEAR GATE 2020』を開催。オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座決定戦の準決勝と決勝戦が行われ、優勝したB×Bハルク・KAZMA SAKAMOTO組が48代ツインゲート王者組となった。

なお試合後に納得のいかないYAMATO&KAI組と近藤修司を連れてくると宣言した吉野正人を交えた3WAY戦にて次回2.7後楽園大会にてツインゲートの防衛戦が行われることとなった。

また土井成樹の持つオープン・ザ・ドリームゲートのベルトに挑戦表明を行ったKzyとの防衛戦も来月の後楽園ホール大会にて行われる。

また現トリプルゲート王者から勝利したストロングマシンJが挑戦アピールしたことでこちらもドラゴンゲート世代からストロングマシンJ組と同時にフォールをしていた斎藤了組が次回3WAYでR・E・Dのトリプルゲート王座に挑む。

各試合結果は下記の通り

オープニングでは金色のジャージ=ドラゴンゲート、青色のジャージ=闘龍門、赤色のジャージ=R・E・Dがリングに上がりタッグトーナメント優勝への意気込みをぶつけ合った。

OPEN THE NEW YEAR GATE 2020
日時:1月15日(水)18:30試合開始
会場:東京・後楽園ホール

▼オープニング~第1試合までの公式動画はこちらで視聴可能

【第1試合:8人タッグマッチ】
ドン・フジイ ✖神田裕之 新井健一郎 このまま市川
vs
〇ヨースケ♡サンタマリア パンチ富永 問題龍 マーティン・カービー
※5分56秒 狙い撃ち♡

【第2試合:タッグマッチ】
オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座決定トーナメント準決勝
Kzy ✖ドラゴン・ダイヤ
vs
〇B×Bハルク KAZMA SAKAMOTO
※12分31秒 ファーストフラッシュ→片エビ固め

【第3試合:タッグマッチ】
オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座決定トーナメント準決勝
✖吉野正人 横須賀ススム
vs
〇YAMATO Ben-K
※12分32秒 ギャラリア→片エビ固め

YAMATOが勝利するやいなやリングになだれ込み敗北した吉野を痛めつけるR・E・D。吉野はイスの束の上にツームストンパイルドライバーを受けた

YAMATOとBen-Kが助けに入るもあくまでも決勝で戦うのは俺達だとアピール

【第4試合:8人タッグマッチ】
望月成晃 Gamma 小舩賢登 ✖亀井丈人
vs
ジェイソン・リー 〇奥田啓介 吉岡勇紀 箕浦康太
※5分41秒 消灯→片エビ固め

望月は先日の1.5ノア後楽園で獲得したGHCタッグベルトを誇示

【第5試合:3WAYタッグマッチ】
ドラゴン・キッド 〇斎藤了
vs
KAI 〇ストロングマシーン・J
vs
吉田隆司 ✖H・Y・O
※10分10秒 Jの魔神風車固めに斎藤も覆い被さり2 人でフォール

R・E・Dの吉田とH・Y・Oはレフリーのブラインドをついてチェーン攻撃

最後はストロングマシンJが魔神風車固めをしているところに斎藤了が便乗のフォールで2人が勝利

勝利したストロングマシンJはトリプルゲートのベルトへの挑戦を表明。これに奥田とヨースケ♡サンタマリアが共闘宣言。

 

バックステージ

KAI「トライアングル挑戦を誘ってくれたけど申し訳ない。俺はハルク、オマエ倒さなきゃいけないんだよ!俺はオマエを倒さなきゃ気が済まねーんだよ!トライアングル頑張って」

J「今日いきなりKAIさんを誘って、まあちょっと理由があって断られちゃいましたけど。今日ってあれなんですよね。なんか後楽園(ホール)が完成した記念日だとか。だからこういう記念すべき日に歴史ある魔神風車固めで3カウント取って、オレが勝ったと思ってたらなんか違ったみたいで。あークソ!斎藤了め。でも、タイトルマッチではこうはいかないから。チャンピオンは1チームだから。必ずドラゴンゲート世代がトライアングルのチャンピオンになって、またこの後楽園盛り上げていくからな、よく見とけ!」

一方のもう一人の勝利者、サイリョーはドラゴンキッドとアラケンを連れ込み3WAYでの次回挑戦を表明!呼び込まれたアラケンもノリノリ

 

バックステージ

斎藤「いやーこの流れでしょ!あそこは新井さんしかいないもん絶対!絶対そうじゃん!待ってたでしょ!」

新井「いや正直、神田とかでもいいかなと思ってた」

斎藤「いやいやここはやっぱりよ!」

新井「まあ、ここで(ベルトを取って)トライアングルを持って、俺はまたドインディーを回ってきて。高島平区民館でよ。知ってるか?高島平区民館でトライアングルのベルトを見せびらかしてやる。そしてまた後楽園のリングに帰ってきてやる」

斎藤「いいねー!」

キッド「夢が広がるわこれ!」

斎藤「必ずトライアングル、闘龍門で取りましょう!」

3人「2020年も闘龍門で盛り上がれー!」

【第6試合:6人タッグマッチ】
闘龍門 vs R・E・D
〇土井成樹 堀口元気 Kagetora
vs
Eita ✖ビッグR清水 石田凱士
※9分20秒 バカタレ・スライディングキック→エビ固め

オープン・ザ・ドリームゲート王者の土井は流石の貫禄勝利

次のオープン・ザ・ドリームゲート王座への挑戦者はいないのか?とマイクで叫ぶと反応したのはKzy

リングに上がり3度目の正直でベルトを奪うと宣言。

 

バックステージ

土井「ようやく決まったな、待たせやがって。今日Kzyが来へんかったら俺から誰か逆指名したろかと思ったけど、待ってたぞKzy。ちょうどいいタイミングや。今ドラゴンゲートのリング上は3軍抗争。オマエがドラゴンゲート世代代表として来い。今日この後のツインゲートの結果はどうなるかわからんけどな。今ドラゴンゲートのリング上はドリームゲートのタイトルは俺が持ってる。トライアングルとブレイブはR・E・Ⅾやろ。アイツらドラゴンゲート世代、何ひとつとして形のあるものないやろ。アイツ(Kzy)の焦る気持ちもわかる、全部受け止めたるわ。全部この3軍抗争に結び付けてやったろうやないかい。俺は何回も言うようだけど、今年デビュー20周年イヤーや。初防衛(戦)で負ける訳にはいかんからな。あと12ヶ月あんねや、乗り切るぞおい!」

Kzy「そうですね、ドラゴンゲート今3軍抗争になって始まりましたけれども。去年、最後の方で言いましたけど、3軍抗争も大事ですけど俺自身、Kzy自身の目的、目標というものを諦めた訳じゃないし、絶対それは果たしていきたいと思うんで。必ず次こそ夢の扉を開いてみせたいと思います。どうやらこの時期はね、まあリング上でも言いましたけど、俺に縁があるみたいなんで。次こそは必ずあの夢の扉開いてみせますよ。見ててください!」

【第7試合:タッグマッチ】
オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座決定戦(トーナメント決勝)
〇B×Bハルク KAZMA SAKAMOTO
vs
✖YAMATO Ben-K
※21分58秒 ファーストフラッシュ→片エビ固め
※ハルク&KAZMA組が第48代王者となる

ハルクは場外にYAMATOを連れ出し場外戦を展開

更にリング上ではR・E・Dとドラゴンゲートの2軍が入り乱れての乱闘になる

勝利したハルクはツインゲートのベルトを誇示

これに納得のいかない吉野はリングに上がり近藤修司とのタッグでの挑戦を表明

YAMATOもKAIとのタッグでの挑戦をアピール

対するハルクは「今、オマエは俺に負けたばかりだ!」と反論

 

R・E・Dバックステージ

Eita「おーい見てみろ!おい、カメラ寄れ!ツインゲートのベルトがR・E・Dに返ってきたぞ、おい!」

ハルク「オマエら見たか!リアルにエクストリームにツインゲートチャンピオンは俺たちR・E・Dだ!」

全員「いえーーい!!」

YAMATOは今後も続く3軍抗争にドラゴンゲート軍は結束して戦うとアピールして大会は終了した。

ボートレース×ドラゴンゲート特設サイト
https://dg-br.jp/
※次回2月23日(日)ボートレース戸田

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事