【JUST TAP OUT】甲子園V 元前橋育英ナインの田村ハヤト ZERO-1魂継承へ!


2013年夏の全国高校野球選手権で初優勝という異色の経歴をを持つ元甲子園球児プロレスラー・田村ハヤトが23日、突如ZERO1道場に姿を現した。

田村は道場に入るとすぐに合同練習をはじめようとするZERO1勢に深々と頭を下げ自らも練習への参加を申し出た。

田村の行動には理由があった。自身が所属するプロレス団体「JUST TAP OUT」にて2月12日(新木場)から行われる所属全選手参加の“JTOトーナメント”を制するために他ならない。昨年9月にデビューした田村だが、自身に足りない経験値とモチベーションを上げたい気持ちが”出稽古”という形で行動に駆り立てた。

コーチである第38代IWGPジュニアヘビー級王者の経歴を持つ高岩竜一の指導の元、ZERO1の未来を背負う岩崎永遠、北村彰基らと共に3時間に渡る熱い手ほどきを受けた。初の他団体への出稽古を終えた田村。
「自分の中で何かが開けたと思った。足りない技術、プロレスの怖さや奥深さ、たくさん気づかされる事があった。私の突然の申し出を受け入れてくれた高岩選手をはじめとするZERO1の皆さんに感謝します。許していただけるなら今後もどんどん外に出てキャリアを上げていきたい。まずは、必ずトーナメントを優勝します!」と力強く語った。

かつては甲子園でスリーランホームランを打って優勝の立役者として活躍した田村は、JUST TAP OUT いや、プロレス界の台風の目になるか?!!

PROFESSIONAL WRESTLING “JUST TAP OUT”
JTOトーナメント1回戦
2月12日(水)午後7時試合開始
東京・新木場ファーストリング

トーナメント1回戦
田村ハヤト VS ブラック・ザ・ジャイアント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事