【CMLL】つくし遠征第1戦 メキシコ・アレナメヒコ定期戦6人タッグマッチで躍動!ネグロカサス直伝ラ・マヒストラルを決める

■2月7日(現地時間) メキシコ・アレナメヒコ金曜定期戦

▽6人タッグマッチ

マルセラ&つくし&プリンセサスヘイ(2-1)ダリス&メタリカ&レイナ・イシス

つくしのCMLL遠征第1戦はルチャの聖地・アレナメヒコのなかでも、もっとも注目の集まる金曜定期戦。パートナーにはCMLL世界女子王者のマルセラ、相手にはCMLL日本女子王者のダリス、ナショナル王者のメタリカと、トップ選手たちがズラリと顔をそろえる。つくしはメキシコ入り以来、TV出演や雑誌の表紙を飾り、新聞にも大きく取り上げられるなど、前評判は上々。日本における対マルセラや、ダリス&ハロチータとの戦いも、メキシコにも報道されており、注目度は高かった。

(C)CMLLレディースリング

入場ではインターナショナルリボンタッグのベルトを肩から掲げて登場。スクリーンには

「つくし」と大きく日本語表記されたムービーも流れ、期待度をいっそう高める。いっぽう、ルーダ軍はリングで相対すると、つくしに対して身長差を示すようなゼスチュアを見せ、早くも対抗意識を見せる。キャプテンはテクニカ軍がマルセラ、ルーダ軍がダリスとアナウンスされた。

スタートはつくしとイシス。まずは一発アームドラッグを見舞うと、イシスは手を伸ばし、

身長差を見せつけるアピールを。これにつくしは腹部にチョップを見舞うと、ひるんだ隙に手四つの体勢へ。さらに腕を絞り上げてからのキックを胸板に二発ぶち込み、後頭部へと蹴りを続けていく。そしてイシスの攻撃をかわすとティヘラからのドロップキックへ。ここでイシスがテクニカサイドへつくしを飛ばすが、うまくマルセラがアシストしてつくしをエプロンサイドへ。

(C)CMLLレディースリング

続くつくしの出番は因縁のダリスとの絡みへ。スヘイとの戦いを見守っていたつくしは身を乗り出すかのように、コーナーへと昇り、「ビバ、メヒコ!」と叫んでからリングイン。

まずは周りを1周するが、ダリスは反応しない。ならばとナックルを連打し、気合を入れてからの3発目を繰り出そうとするがダリスの重い一発の前にダウン。ダリスはバックサイドのキックからヘアホイップ。しかしつくしはひるまず、コーナーからダリスの肩口へと飛び乗ると、ミステリオラナからの低空ドロップキックと畳みかける。そして、場外へ転落したダリスへプランチャを敢行し、つくしがアレナメヒコを舞った。そのままつくしがダリスへ馬乗りになっている間にマルセラがメタリカ、スヘイがイシスをそれぞれジャベに仕留め、テクニカ軍が1本を先取した。

(C)CMLLレディースリング

2本目、ルーダ軍の猛攻に遭うテクニカ軍。つくしを捕らえたメタリカとイシスがコーナーへホイップすると、2段目で待っていたダリスが自らの身長よりも高く持ち上げ、パワーの差を見せる。さらにヘアホイップでつくしを場外へ落とす。再度リングへ上がったつくしはダリスのパワーリフトで持ち上げられるとそのまま落とされて膝を突き刺される荒技の餌食に。最後はダリスがキャプテンのマルセラをサソリ固めでギブアップを奪い、1本を取り返した。

3本目、ルーダ軍はつくしを合体プレーで痛めつけていく。しかしつくしはそれをうまく抜け出してダリスにドロップキック。その間にマルセラとスヘイがダブルのみちのくドライバーⅡでメタリカとイシスを蹴散らす。再びリングへ入ってきたダリスにスヘイが背後からキックを見舞うと、マルセラ&つくしがドロップキックの連携へ。つくしはミサイルキックでダリスをさらに迎撃すると、マルセラがフェースバスター、スヘイが背後からのキックでアシスト。つくしは背中へのドロップキックを決めると、ついにここでネグロカサス直伝のラ・マヒストラルへ。これで”宇宙一強い”ダリスから3カウントを奪って、メキシコデビュー戦で強烈なインパクトを残した。

(C)CMLLレディースリング

猛抗議するダリスだが、つくしはファンの大歓声に応えるようにアピール。メキシコのファンもニューヒロインの誕生に興奮を隠せない。実は前夜、アレナメヒコにてネグロカサスから再びルチャ指導を受けたつくし。この日の直伝マヒストラルは昨晩教わった改良型であり、体全体を使って逃げようとする相手に体重を預け、がっちり固めたものだった。

(C)CMLLレディースリング

つくしは会見ルームに現れると、「プロレス人生ではじめてこんなに声援を送られましたし、こんなに大きな会場で試合をできたのもはじめてなのでプロレスラーになってよかったなと思いました。でも、ルチャは難しいので、この2週間でもっともっと勉強してルチャを学びたいと思いました。ダリスからラ・マヒストラルで3カウントを取れたことも、また夢がかなえられていって、うれしいです。今日はアイスリボン・つくしをアピールできたなって、みんなに胸を張って帰れるな、って思います。でも、まだ試合は続くので、もっともっと頑張りたいなと思います」と胸を張った。現地メディアからはダリスの持つCMLL日本女子王座の挑戦への質問も飛び、「もちろん、機会があればベルトも狙っていきたいと思います」と答えたつくし。デビュー戦で大きな夢をつかんだつくしはこの先、CMLLのでどんな夢の続きを見せてくれるのだろうか。昨年9・14横浜文化体育館からはじまったつくしのルチャロードはどんどん大きく広がっている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事